デジタル・フォレンジック・コミュニティ2019 in 関西

-------------------------------------
本イベントの参加対象は、IDF会員に限りませんので同僚等でご興味を
お持ちの方がいらっしゃいましたらお声掛け下さい。
多数のお申込を歓迎致します。
-------------------------------------

開催日時:2019年2月19日(火)9:30~16:30

■開催場所:
立命館大学 大阪いばらきキャンパス内
立命館いばらきフューチャープラザ カンファレンスホール(アクセスはこちら
大阪府茨木市岩倉町2-150 TEL:072-665-2500
※JR茨木駅は大阪駅から15分ほど。駅からキャンパスへは歩いて5分。

■時程:
09:30~09:35 安冨会長挨拶

09:35~10:25 講演1:「『証拠保全ガイドライン第7版』説明」
講師:名和 利男 氏(「証拠保全ガイドライン」改訂ワーキンググループ座長、IDF理事、株式会社サイバーディフェンス研究所 専務理事)
※【証拠保全ガイドライン第7版】の閲覧はこちら

10:25~11:15 講演2:「Fast Forensics~インシデント発生時の初動対応」
講師:杉山 一郎 氏(EY新日本有限責任監査法人 Forensic事業部 プリンシパル)

11:25~12:15 講演3:「デジタル画像改ざん検出に関する研究の現状」
講師:上原 哲太郎 氏(IDF副会長、立命館大学 情報理工学部 教授)

□■12:15~13:30 昼食・休憩■□

13:30~14:10 講演4:「デジタル・フォレンジックと民事訴訟」
講師:櫻庭 信之 氏(IDF理事、シティユーワ法律事務所 パートナー弁護士)

□■14:10~14:20 パネル形式に変更■□

14:20~16:30 研究会 テーマ「インシデント対応の理想と現実」
司 会:
安冨 潔 氏(IDF会長、京都産業大学 法教育総合センター長、弁護士)

パネリスト:
名和 利男 氏(IDF理事、株式会社サイバーディフェンス研究所 専務理事)
※小講演 略

櫻庭 信之 氏(IDF理事、シティユーワ法律事務所 パートナー弁護士)
※小講演 略

杉山 一郎 氏(EY新日本有限責任監査法人 Forensic事業部 プリンシパル)
※小講演 略

大徳 達也 氏(株式会社サイバーディフェンス研究所 情報分析部 部長 上級分析官)
小講演(20分):「サイバー攻撃を認知した場合の証拠保全は?」

下垣内 太 氏(アイフォレンセ日本データ復旧研究所株式会社 代表取締役)
小講演(20分):「不正解明の可否が分かれたデジタル・フォレンジック基点での境界線」

北條 孝佳 氏(西村あさひ法律事務所 弁護士)
小講演(20分):「インシデント対応のために必要なこと」

※ご講演資料につきましては、「Bizストレージファイルシェア」を利用したダウンロード方式にて事前に配布致します。

■参加定員、参加条件:100名(どなたでもご参加できます)

■参加費:2,000円
※参加申込受付返信で「振込先」のお知らせ、「請求書」要否等の確認を致します。

■申込締切:2019年2月1日(金)
※但し、締切前でも定員に達した場合は、受付を終了させて頂きます。

■お申込み:メールにて下記迄お申込み下さい。
デジタル・フォレンジック研究会 事務局 押切、佐藤、鈴木 宛
E-mail: info@digitalforensic.jp

☆お申込の際には、下記のお申込必要情報をご明記下さい。
<お申込必要情報>-----------------------

■コミュニティ2019 in 関西(2019/2/19)
「お名前(ふりがな)」 :
「ご所属」          :
「メールアドレス」   :
「請求書」        : 要・否
※ 要の場合お宛名 :
         送付先 :
「IDF会員番号」      :
「懇親会」※4500円 :参加・不参加

--------------------------------