「デジタル・フォレンジック」の普及・促進を図り健全なIT社会の実現に貢献する
一覧
  • HOME »
  • 一覧 »
  • 第16期

第16期

第573号コラム:「人間の無自覚とバイアスにより増大する攻撃の入り口(踏み台)」

第573号コラム:名和 利男 理事(株式会社サイバーディフェンス研究所 専務理事/上級分析官)
デジタルフォレンジック研究会のコラム読者の多くは、「サイバー攻撃の脅威の高まり」に関する情報をさまざまなところから入手され、必要な状況認識をされているかと思う。

第572号コラム:「『日欧インターネットトラストシンポジウム2019』のご報告&7/11-12『第8回サイバーセキュリティ国際シンポジウム』のご案内」

第572号コラム:手塚 悟 理事(慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授)
1.「日欧インターネットトラストシンポジウム2019」のご報告
本件に関しては、下記のようなニュースリリースを発信しましたので、 その内容を持って、ご報告といたします。

第571号コラム:「究極の本人確認はどうしましょうか?マイナンバー・STRを埋め込んだ3層構造の公開鍵は如何ですか。」

第571号コラム:辻井 重男 理事(中央大学研究開発機構 機構フェロー・機構教授)
現代暗号の勃興期、1980年代~90年代にかけて、「公開鍵暗号による電子署名は本人確認である」と言われていましたが、私は「本人確認ではなく、本カード確認に過ぎないのではないか?」と言い続けていました。

【申込受付中】(8/7開催)「法曹実務者」分科会(第16期 第2回)

開催日時:2019年8月7日(水) 19:00~21:00
題目:「情報管理と法制度」
講師:安藤 広人 氏(ファイ法律事務所 弁護士、情報処理安全確保支援士)

第570号コラム:「個人情報保護法の『いわゆる3年ごと見直し』とデータ侵害通知」

第570号コラム:小向 太郎 理事(日本大学 危機管理学部 教授)
個人情報保護法の見直しが検討されている。2015年の個人情報保護法改正では、施行後3年ごとに施行の状況を確認して、必要に応じて所要の措置を講じることが、附則(第12条3項)に定められた。この附則を受ける形で、個人情報保護委員会が現在行っているのが、「いわゆる3年ごと見直し」の検討である。

Page 1 / 512»
PAGETOP
Copyright © NPO Institute of Digital Forensics. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.