「デジタル・フォレンジック」の普及・促進を図り健全なIT社会の実現に貢献する
一覧
  • HOME »
  • 一覧 »
  • 第16期

第16期

第594号:「リクナビ問題は、なぜ何となくスッキリしないのか」

第594号コラム:小向 太郎 理事(日本大学 危機管理学部 教授)
言うまでもなく、リクナビ問題とは、「いわゆる内定辞退率を提供するサービス」をリクナビを運営するリクルートキャリア社が、顧客企業に提供していたことが報道され、このサービスに対してさまざまな非難がされた問題である。個人情報保護委員会は、2019年8月26日に勧告と指導を行っていた。

コミュニティ2019 メルマガ第11号「ご来場の御礼」

年の瀬も押し迫ってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 さて、本日は、メールマガジン第11号と致しまして、コミュニティ開催終了のご報告と御礼をさせて頂きます。 12月9日(月)、10日(火)に実施致しましたコミュニティ2019はお陰様を持ちまして、募集定員を超える321名ものご参加を賜り、盛況のうちに終了することができました。 ご来場頂きました皆様、ご後援・ご協賛頂きました皆様に厚く御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

第593号コラム:「法律とコード」

第593号コラム:石井 徹哉 理事(独立行政法人大学改革支援・学位授与機構 研究開発部 教授)
まず話の前提として、ここで「コード」とは、レッシグ(Lawrence Lessig)のように特別な意味や意義を持たせるものではなく、ごく一般的なプログラミングのコード、もう少し広げて情報システムの仕様書の内容など情報システムの構成等を示すものという意味で使っています。

コミュニティ2019 メルマガ第10号「コミュニティ2019当日のご来場要領」

師走に入り、いよいよコミュニティ2019も次週の開催となりました。皆様とお会いできるのを楽しみにしております。 本日は、メールマガジン第10号をお送りさせて頂きます。今回は、コミュニティ2019当日のご来場要領等をご案内致します。

第592号コラム:「究極の本人確認システムの必要性についてコメントをお願い」

第592号コラム:辻井 重男 理事 兼 顧問(中央大学研究開発機構 機構フェロー・機構教授)
2019年7月の第571号「究極の本人確認はどうしましょうか?マイナンバー・STRを埋め込んだ3層構造の公開鍵は如何ですか。」の続きです。暗号理論的には安全性・効率性を高めた方式を学会で発表すべく準備を進めております。難しいのは、社会的認知です。

Page 2 / 14123»
PAGETOP
Copyright © NPO Institute of Digital Forensics. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.