「デジタル・フォレンジック」の普及・促進を図り健全なIT社会の実現に貢献する
一覧
  • HOME »
  • 一覧 »
  • 第16期

第16期

第584号コラム:「日本における医療ISACの活動展望」

第584号コラム:江原 悠介 理事(PwCあらた有限責任監査法人 システム・プロセス・アシュアランス部 シニアマネージャー)
第557号コラム:「医療分野の情報共有分析センター、H-ISAC JAPANの設立について」で舟橋理事が一般社団法人メディカルITセキュリティフォーラム(以下、「MITSF」)による、米国におけるヘルスケア分野でのサイバー脅威情報の分析・共有等に取り組むH-ISACとの業務連携について触れているが、本コラムでは、現時点の情報に基づき、当該取組について補足を行わせて頂きたいと思う。

コミュニティ2019 メルマガ第3号「プログラムの概要(2日目)」

虫の音に秋の訪れを感じる季節となりましたが、皆様におかれましてはお変わりありませんでしょうか。本日は、メールマガジン第3号をお送りさせて頂きます。今回は、コミュニティ2019プログラムの概要(2日目)をご紹介致します。次回メルマガ第4号では、ポイント申請につきましてお知らせ致します。

第583号コラム:「メタデータに関するアメリカ民事訴訟の議論」

第583号コラム:櫻庭 信之 理事(シティユーワ法律事務所 パートナー弁護士)
eディスカバリに関しては、IDFの理事・関係者が複数の論考をすでに発表しており、また、町村理事は、10年前にメタデータを端緒とする改ざん判定の問題をコラム(第86号コラム)で論じられています。

第582号コラム:「趣味ライフログ」

第582号コラム:和田 則仁 理事(慶應義塾大学 医学部 一般・消化器外科 講師)
1年ほど前から、Googleマップのタイムラインで、自分の日々の行動を記録している。スマホの位置情報が逐一Googleに送られ記録されているとはいえ、案外精度がいい加減なため、2、3日に一度Googleマップのタイムラインで、記憶が確かなうちに時間や位置情報を修正する必要がある。これが案外手間のかかる作業で、こんな面倒臭い作業をするモチベーションは何かというと、やはり分単位で自分の居場所を記録に残せるという、自らの生き様を記録に残すライフログ的な誘惑が根底にある。

コミュニティ2019 メルマガ第2号「プログラムの概要(1日目)」

朝晩が涼しくなり、秋を感じる気候となって参りました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 本日は、メールマガジン第2号をお送りさせて頂きます。 今回は、コミュニティ2019プログラムの概要(1日目)をご紹介致します。 次回メルマガ第3号では、コミュニティ2019プログラムの概要(2日目)をご紹介する予定ですので、ご期待下さい。

Page 5 / 12«456»
PAGETOP
Copyright © NPO Institute of Digital Forensics. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.