「デジタル・フォレンジック」の普及・促進を図り健全なIT社会の実現に貢献する
一覧
  • HOME »
  • 一覧 »
  • 第18期

第18期

第663号コラム:「セピア色」

第663号コラム:佐々木 良一 理事(東京電機大学 研究推進社会連携センター 顧問・客員教授 兼 サイバーセキュリティ研究所 所長 )
最近は、技術や制度に関するコラムの記事が多かったので、少しやわらかい話題で書いてみたいと思います。「色の名前」という本を持っており楽しみによく見ています。光琳社出版1996年刊「色々な色」の改題で、光琳社出版の倒産に伴い、角川から出ていたものです。自然にまつわる多彩な色の名前(たとえば、橙色、狐色、萌黄色(もえぎいろ)、浅葱色(あさぎいろ)、亜麻色(あまいろ)、ミスト・グリーン、アクアなど)を、その由来となった自然風景の写真とともに紹介しています。眺めているだけで豊かな気分になれます。

第662号コラム:「東京2020セキュリティ懸念」

第662号コラム:伊藤 一泰 理事(一般社団法人日本野菜協会 アドバイザー)
昭和39年の秋、私は秋田県北部の小さな町に住んでいました。小学校5年生でした。アジアで初のオリンピック開催に日本中が沸き立っていました。私は、学校から友達と連れ立って、聖火リレーを見に行きました。まだ砂利道だった国道7号には、聖火を一目見ようと、多くの見物人が集まっていました。しばらくすると、青森県側からトーチを掲げた中年のランナーが走ってきました。少々くたびれた男性ランナーでした。最終ランナーの坂井義則さんのように若々しく格好良いランナーではありませんでしたが、「勇気と感動」「夢と希望」という言葉がぴったりのシーンでした。

「法曹実務者」分科会(第18期 第1回)

開催日時: 2021年4月22日(木)19:00~21:00
題目: 経営判断を迫る最新のサイバー攻撃~サイバー保険の活用法を絡めて~
講師: 山岡 裕明 氏(八雲法律事務所 弁護士)

第661号コラム:「国際規格ISO/IEC 27701~PIMS:プライバシー情報マネジメントシステム」

第661号コラム:佐藤 慶浩 副会長(オフィス四々十六 代表)
プライバシー対策に関わる国際規格としてISO/IEC 27701が、2019年8月に国際標準として発行されました。これは、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の要求事項を規定したISO/IEC 27001及びISMSを実施するための規範をまとめたISO/IEC27002に、プライバシー対策に関する要求事項及び規範を拡張することにより、組織によるPIMS(プライバシー情報マネジメントシステム)の構築を支援することを目的とした国際規格です。27701は、日本工業規格化はされていませんが、日本語対訳書が2020年3月に出版されています。

第660号コラム:「サイバー攻撃対策と『通信の秘密』の考え方 その4」

第660号コラム:小山 覚 理事(NTTコミュニケーションズ株式会社 情報セキュリティ部 部長 )
今回のコラムでは「通信の秘密」を取り上げたい。 筆者が2015年8月にコラム第374号で『サイバー攻撃対策と「通信の秘密」の考え方 その4』を書いてから、5年以上が経過している。 振り返ると2018年4月に、漫画等の著作権を侵害している海賊版サイトへの通信を、ブロッキングする・しないで、「通信の秘密」に関係する論争が沸き起った。

Page 8 / 9«789
PAGETOP
Copyright © NPO Institute of Digital Forensics. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.