「デジタル・フォレンジック」の普及・促進を図り健全なIT社会の実現に貢献する

企業プレゼン・展示

コミュニティトップ プログラム 企業プレゼン・展示 コミュニティメルマガ 参加お申込み

開催期間中は、展示会場にて、協賛企業による製品展示を行います。
また、9日(火)には講演会場にて、協賛企業による企業プレゼンを行います。

12月9日(火) 企業プレゼン
10:00~10:15 デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー株式会社
10:20~10:35 株式会社UBIC
10:40~10:55 新日本有限責任監査法人 FIDS
※11:10~12:10 「海外事例報告」
※12:10~13:50 昼食・休憩時間
13:00~13:15 プライスウォーターハウスクーパース株式会社
13:20~13:35 株式会社KPMG FAS

10:00~10:15 デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー株式会社

この一年でもっとも世間が注目した企業不祥事のひとつは、ベネッセの情報漏えいと言えるでしょう。今回の情報漏洩の原因は複数考えられますが、原因にかかわらず事後の対応についてはどのケースでも同じような手続きが必要になります。特に、個人情報の漏洩となると、原因究明、被害者対応、賠償の要否、レピュテーション対応、再発防止策策定、国内外株主対応などさまざまな観点からの対応が迫られます。「法執行機関のナレッジ」「セキュアなラボとデータセンター」「海外ネットワーク」を持つデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー株式会社では、手段原因にかかわらず、情報漏えい、特に個人情報漏洩が発生した際に何に注意し、どのような対応が必要になるのかについてお話します。

▲ ページトップへ

10:20~10:35 株式会社UBIC

近年、フォレンジック調査にかけられる時間は変わらないにも拘らず、一事案で取り扱うデータ量は年々増加する一方で、今まで以上に迅速かつ効率的な調査が求められています。そこで弊社は、調査士の知見を学習する人工知能を搭載し、限られた時間内で膨大なデータから迅速に証拠を見つけ出すことを可能とした「Lit i View XAMINER」を提供しています。また、携帯電話市場の変革に伴い、今や調査対象デバイスとしてスマートフォンを見かけないことはありません。弊社が新たに提供を開始した「XRY COMPLETE」は、1万3千もの機種に対応、同時に最大3台の端末から情報を抽出することができます。当日は、弊社の調査事例を交えながらこれらの製品のご紹介をします。

▲ ページトップへ

10:40~10:55 新日本有限責任監査法人 FIDS

本プレゼンでは、新日本有限責任監査法人 FIDSのビッグデータ時代のデジタル・フォレンジックというテーマに対しての取り組みをご紹介します。FIDSでは不正調査や内部監査支援等において、様々なデータソースを単一プラットフォームに取り込み解析する、FDA(Forensic Data Analytics)と呼ばれるアプローチを取っています。FDAは単にデータを集約する機械的な分析ではなく、公認会計士や弁護士、公認不正検査士等の専門家の知見を集約し、的確な不正検出シナリオを分析プラットフォームに組み込み、調査におけるデータ分析の成果を飛躍的に高めています。更に、サイバーフォレンジック調査においては、独自のIOCデータベース構築や、大量のデータに対して適用可能なヒューリスティック解析エンジン等の活用により、先進的なフォレンジック調査の実現に力を入れています。

▲ ページトップへ

13:00~13:15 プライスウォーターハウスクーパース株式会社

PwCのフォレンジックサービスは“Fact Finding”をキーワードとして、60ヶ国以上約2,200名のフォレンジック専門家が培った先進的なフォレンジックテクノロジーをもって、クライアント企業が直面するさまざまな問題を予防・解明・究明し、継続的な成長に貢献しています。 複雑化する企業の問題に対してどのようにフォレンジックテクノロジーを活用しているのか紹介いたします。

▲ ページトップへ

13:20~13:35 株式会社KPMG FAS

株式会社KPMG FASです。国内では10年以上にわたりフォレンジックサービスを提供しております。その間、様々な種類の案件に参加し、他の追随を許さない実績を積み重ねてきました。不正調査や不正防止といったサービスから始まり、昨今ではサイバー犯罪対策、eDiscovery、FCPA(海外腐敗防止法)対策、米国の紛争鉱物に関する開示規制対応等の調査やアドバイスがトレンドとなっております。また、国内および海外の主要都市にデータセンターを保有しており、現在主流のソフトウェアを採用したeDiscoveryのレビュー環境を提供していますので、グローバルな訴訟対応や調査につきましては是非ご一報ください。各分野の経験豊富なプロフェッショナルが全力で対応致します。これらの活動をコミュニティ2014でご紹介致します。

▲ ページトップへ

詳細は、決まり次第、随時更新して参りますので、ぜひご確認下さいませ。

※ご協賛をご検討される企業様へ

展示、プレゼン等のご協賛特典の詳細につきましては「ご協賛特典等についてのご案内」をご覧下さい。
今回より、ご協賛口数に応じたグレードにより特典の内容が異なりますので、ぜひご確認下さい。

「ご協賛特典等についてのご案内」及びのお申し込みはこちら(ご協賛お申し込みページ)(お申し込みは終了致しました)
ご不明点等のお問合せはこちら(IDFお問合せ)

ホーム

午前9:00~午後5:00(土・日・祝日を除く) TEL 03-5420-1805 Email:info@digitalforensic.jp

PAGETOP
Copyright © NPO Institute of Digital Forensics. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。