「デジタル・フォレンジック」の普及・促進を図り健全なIT社会の実現に貢献する

第10回IDF講習会

本年度もIDF講習会の実施が決定致しました。
開催概要をご確認の上、皆様奮ってご参加くださいませ。

開催概要 お申込みの流れ コース編成 通常コース内容 簡易トレーニングコース概要

通常コース内容(PDF) 簡易トレーニングコース内容(PDF)

最新情報

2020/07/01  E・Fコース及びL1コースを追加しました。
2020/06/10  S1コース及びS2コースの価格が変更(減額)となりました。
2020/06/08  第10回IDF講習会 開催情報を公開しました。

開催概要

【通常コース】2020年9月3日(木)、9月4日(金)
午前1枠(3時間)、午後1枠(3時間)のレクチャー主体のコースです。
定員はございませんが、小規模で1コースにつき1室となっております。

午前の部 09:30~12:30 ※受付開始 09:15
午後の部 13:30~16:30 ※受付開始 13:15

【簡易トレーニングコース】2020年9月1日(火)、2日(水)、3日(木)、4日(金)、
10日(木)、11日(金)、14日(月)、15日(火)、17日(木)
実施各社指定会場にて実機・実ソフト等による実習を受講できます。
各コースとも受講定員がございます。
1日で実施します。細部は実施各社計画によります。

開催日時及び会場

受講費

受講費は全て会場費・会場機材借用費等に充当致します。
(※当イベントは非営利活動のため、非課税となっております。)

(1)通常コース

各コースの受講費は共通で、お申込み区分により異なります。
また、受講するコース数分の受講費が必要となります。

IDF会員・オブザーバー省庁の方・・ ¥3,000-/コース
一般 の方・・・・・・・・・・・・・・¥6,000-/コース

(2)簡易トレーニングコース

コース毎に受講費が異なりますので、受講するコースをご確認下さい。

【E1コース】Mac Forensics 保全編
EY新日本有限責任監査法人
¥90,000-

【E2コース】Mac Forensics 解析編
EY新日本有限責任監査法人
¥90,000-

【E3コース】Windows 10 Forensics 初動対応編
EY新日本有限責任監査法人
¥90,000-

【E4コース】Windows 10 Forensics 解析編
EY新日本有限責任監査法人
¥90,000-

【E5コース】マルウェア解析基礎
EY新日本有限責任監査法人
¥90,000-

【E6コース】ファイルシステム解析 NTFS編
EY新日本有限責任監査法人
¥90,000-

【C1コース】サイバー犯罪事件が引き起こすリスクに備えるサイバーセキュリティ・リスクマネジメントを学ぶ
一般社団法人サイバー犯罪捜査・調査ナレッジフォーラム(CIKF)
¥15,000-

【C2コース】サイバー犯罪事件の解決力を鍛える事件対応フレームワークとケーススタディ
一般社団法人サイバー犯罪捜査・調査ナレッジフォーラム(CIKF)
¥15,000-

【K1コース】「これから始める証拠保全とフォレンジック」~ スキルが無くても1日で学べるハンズオントレーニング ~
株式会社くまなんピーシーネット
¥40,000-

【N1コース】Nuix Workstation フォレンジック実務者(基礎)
Nuix Japan
¥95,000-

【S1コース】Kali Linuxではじめるペンテスター養成講座【1日ダイジェスト版、オンライン研修】
ストーンビートセキュリティ株式会社
¥35,000-

【S2コース】メモリフォレンジック【1日ダイジェスト版、オンライン研修】
ストーンビートセキュリティ株式会社
¥35,000-

【L1コース】ファイナルフォレンジック 基礎研修 1日コース
リーガルテック株式会社
¥50,000-

お申込みの流れ

(1)WEBフォームまたはFAXにてお申込み下さい。

①WEBフォームよりお申込み頂く場合
以下のお申込フォームに必要事項をご入力の上、送信して下さい。
また、送信後に自動送信メールでお申込内容にお間違いがないことをご確認下さい。
※請求書等の発行も承っております。受講費の見積書、請求書、領収書等についてご要望が
ございましたら、フォームの「ご質問・ご要望等」欄にてお知らせ下さい。

【お申込フォーム(1名様)】

【お申込フォーム(10名様まで)】

 

②FAXにてお申込み頂く場合
「FAXお申込用紙」に必要事項をご記入の上、IDF事務局(03-5420-3634)まで
お送り下さい。尚、お申込後のご連絡はメールとなりますので、予めご了承下さい。

【FAXお申込用紙】

(2)お申込受付メールをご確認下さい。

IDF事務局よりお申込受付メールをお送り致しますので、内容をご確認下さいますようお願い
致します。
こちらのお申込受付メールをご確認頂けましたら、お申込の手続きは完了でございます。
尚、お申込から2営業日経っても、受付メールが届かなかった場合は、お手数ですが、
IDF事務局( info@digitalforensic.jp )へお問い合わせ下さいますようお願い致します。

また、お申込受付メールまたは請求書にて、受講費のお振込先と振込期日をお知らせ致しますので、指定期日までにお手続き下さいますようお願い致します。

(3)受講票をご確認下さい。

講習会当日に、会場受付へお持ち頂く受講票につきましては、8月中旬からメールにて順次
お送り致します。

8/24(月)を過ぎても受講票が届かなかった場合は、お手数ですが、
IDF事務局( info@digitalforensic.jp )へお知らせ下さいますよう、お願い申し上げます。

【注意】
コロナ禍の状況によっては、“中止(延期)”する可能性がございます。
コロナ禍の状況見通しを8月上旬に行い、実施可否を8月14日(金)迄に判断致しますので、
「受講費」のお支払いは、8月17日(月)~8月31日(月)の間と指定させて頂きます。
官公庁の方の〔後払い〕処理を除きます。
受講受付の際に、その旨も記載
して受付返信を行います。

尚、実施の際は、入場の際の検温と手の消毒をお願いし、また、会場内の席は、机1卓に両端2名の着席とし、机相互の間隔を広げる等の<感染予防対策>を取ります。
このため、【通常コース(会場:TKP市ヶ谷)】においては、受講者受付数の制限を設ける可能性がありますので早めのお申し込みをお願い致します。

 

コース編成

通常コース内容(PDF) 簡易トレーニングコース内容(PDF)

コース名をクリックすると、ページ下部のコース内容へジャンプします。

【通常コース】

9月3日(木) 午前の部(09:30~12:30)

Aコース「近時の民事判例にみるデジタル・フォレンジックとサイバーセキュリティ」
Eコース「モバイルフォレンジックの基礎習得」
Gコース「NuixとMSABによる大規模データの調査・解析プラットフォームの紹介」
Hコース「『MSAB Office』のご紹介とモバイル・フォレンジック基礎」

9月3日(木) 午後の部(13:30~16:30)

Fコース「画像解析フォレンジックの動画復元と画像鮮明化の解説」
Iコース「Autopsy を用いたデジタル・フォレンジックの実務」
Jコース「X-Ways ForensicsによるWindowsフォレンジックの紹介」
Kコース「人工知能を活用した大量データレビュー手法」

9月4日(金) 午前の部(09:30~12:30)

Lコース「セキュアな保全対象とデータ解析アプローチ」~ ハードディスク搭載デバイス編 ~」
Mコース「ダークネット監視プラットフォームの活用法」
Nコース「Apple製品のフォレンジック概論」
Oコース「7つのサイクルから導きだす『サイバー犯罪』の最終処理」

9月4日(金) 午後の部(13:30~16:30)

Bコース「メディア・フォレンジックの必要性」
Cコース「デジタル・フォレンジックと法制度」
Pコース「『セキュアな保全対象とデータ解析アプローチ』~メモリストレージ搭載デバイス編~」
Qコース「Macフォレンジックツール『RECON ITR / Lab』のご紹介とMacフォレンジックの概要」

【簡易トレーニングコース】

9月1日(火)

E1コース「Mac Forensics 保全編」
C1コース「サイバー犯罪事件が引き起こすリスクに備えるサイバーセキュリティ・リスクマネジメントを学ぶ」

9月2日(水)

E2コース「Mac Forensics 解析編」
C2コース「サイバー犯罪事件の解決力を鍛える事件対応フレームワークとケーススタディ」

9月3日(木)

K1コース「『これから始める証拠保全とフォレンジック』~ スキルが無くても1日で学べるハンズオントレーニング ~」

9月4日(金)

N1コース「Nuix Workstation フォレンジック実務者(基礎)」

9月10日(木)

S1コース「Kali Linuxではじめるペンテスター養成講座【1日ダイジェスト版、オンライン研修】」

9月11日(金)

S2コース「メモリフォレンジック【1日ダイジェスト版、オンライン研修】」

9月14日(月)

E3コース「Windows 10 Forensics 初動対応編」
L1コース「ファイナルフォレンジック 基礎研修 1日コース」

9月15日(火)

E4コース「Windows 10 Forensics 解析編」

9月17日(木)

E5コース「マルウェア解析基礎」
E6コース「ファイルシステム解析 NTFS編」

 

通常コース内容

通常コース内容(PDF)

Aコース「近時の民事判例にみるデジタル・フォレンジックとサイバーセキュリティ」
IDF 櫻庭 信之 氏(シティユーワ法律事務所 弁護士)

【概要】 デジタル・フォレンジックとサイバーセキュリティに関連する、日本国内の近時の民事
訴訟の裁判例を中心に紹介し、判断のポイントを考えてみます。
【前提とする知識等】 どなたでも受講可能です。法律の知識は必要としません。

Bコース「メディア・フォレンジックの必要性」
IDF 上原 哲太郎 氏(立命館大学 情報理工学部 教授)

【概要】 画像や音声フォーマット、特にJPEGとMP3の基礎についてご紹介した上で、
そのメディアがどのように改ざんを受けるのかということをご紹介します。
【前提とする知識等】 どなたでも受講可能です。コンピュータに関する基本的知識があれば
聴講できます。

Cコース「デジタル・フォレンジックと法制度」
IDF 安冨  潔  氏(渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 弁護士)

【概要】 デジタル・フォレンジックに関する法制度の基礎知識を身につけることを目的とします。DF基礎資格認定のために必須の内容を取り上げます。
【前提とする知識等】 どなたでも受講可能です。

Eコース「モバイルフォレンジックの基礎習得」
リーガルテック株式会社

【概要】 Androidスマートフォンからのデータ抽出およびデータ解析手法について解説・実演します。また捜査機関向けのモバイルフォレンジック・サービスや事例をご紹介します。
【前提とする知識等】 フォレンジックに関わる法執行機関の方を優先します。

Fコース「画像解析フォレンジックの動画復元と画像鮮明化の解説」
リーガルテック株式会社

【概要】 画像解析フォレンジックツールを用いて防犯カメラ、ドライブレコーダーで撮られた動画データのフレーム復元技術と画像の鮮明化技術について初心者にも分かりやすく解説・実演します。
【前提とする知識等】 フォレンジックに関わる法執行機関の方を優先します。

Gコース「NuixとMSABによる大規模データの調査・解析プラットフォームの紹介」
Nuix Japan

【概要】 急増するデータ、デバイスやデータタイプの多様化によりデジタル調査は日増しに困難となっています。MSABとNuixとの連携により、効率的なワークフローとチームでの協業を実現し、
事案を素早く解明する方法をご紹介します。
【前提とする知識等】 法執行機関、規制当局、官公庁、企業等でデジタル・フォレンジックの
実務に携わる方。

Hコース「『MSAB Office』のご紹介とモバイル・フォレンジック基礎」
株式会社FRONTEO

【概要】 モバイル・フォレンジックツール『MSAB Office』のデモ実演を交えながらモバイル・
フォレンジックに必要となる基礎的な項目について解説します。
【前提とする知識等】 どなたでも受講可能です。フォレンジックの基礎的知識を有している方や
フォレンジック実務経験を有している方向けです。

Iコース「Autopsy を用いたデジタル・フォレンジックの実務」
ベイシス・テクノロジー株式会社

【概要】 無償でダウンロードできるオープンソースのAutopsyによるデータの収集・復元・分析、報告書の作成について、デジタル・フォレンジックの実務に沿って説明していきます。
【前提とする知識等】 どなたでも受講可能です。

Jコース「X-Ways ForensicsによるWindowsフォレンジックの紹介」
株式会社ディアイティ

【概要】 X-Ways Forensicsの紹介と本製品を使用したWindowsマシンのフォレンジック調査・
要領を説明します。
【前提とする知識等】 フォレンジックの基礎的知識を有している方向けですが、どなたでも
受講できます。

Kコース「人工知能を活用した大量データレビュー手法」
株式会社FRONTEO

【概要】 人工知能を搭載したデータ解析ツール「Lit iView XAMINER」を用い、従来のキーワード検索とは異なる観点でのデータレビュー手法と相関図を用いたメールデータ解析手法を紹介します。
【前提とする知識等】 どなたでも受講可能です。

Lコース「『セキュアな保全対象とデータ解析アプローチ』
~ ハードディスク搭載デバイス編 ~」
株式会社くまなんピーシーネット

【概要】 SMRやSEDといった最新のストーレージ技術によって証拠保全やフォレンジックが困難になっていく時代にどのような証拠保全を行うべきか、どのような解析手段があるのかを座学と
実演を交えて説明します。
【前提とする知識等】 フォレンジックに関わる法執行機関の方を優先します。

Mコース「ダークネット監視プラットフォームの活用法」
サン電子株式会社

【概要】 ダークネット上にある情報を効率よく検索し、またクライアントを狙った脅威を監視する手法について説明致します。
【前提とする知識等】 どなたでも受講可能です。

Nコース「Apple製品のフォレンジック概論」
株式会社イエラエセキュリティ

【概要】 Mac端末とOS(およびApple製品)をフォレンジック観点から見た際に有用な保全手法、アーティファクトなどにはどのようなものがあるかを説明します。
【前提とする知識等】 どなたでも受講可能です。各種apple製品の操作経験があればよりイメージし易いです。フォレンジックの実務基礎知識やコンソール、terminal/shellに関する基礎知識。

Oコース「7つのサイクルから導きだす『サイバー犯罪』の最終処理」
一般社団法人サイバー犯罪捜査・調査ナレッジフォーラム

【概要】 属人的であることの多いサイバー犯罪に関する捜査・調査を、「犯罪範囲」「犯罪残痕」「犯罪種類」「分析方法」「情報源」「収集方法」「情報共有」のサイクルに分解し体系化を行った『CIBOK: サイバー犯罪捜査・調査知識体系』に基づいて学習を進めます。
【前提とする知識等】 どなたでも受講可能です。Windows及びフォレンジックの基礎知識を
お持ちの方で捜査・調査の体系化に興味をお持ちの方。

Pコース「『セキュアな保全対象とデータ解析アプローチ』
~メモリストレージ搭載デバイス編~」
株式会社くまなんピーシーネット

【概要】 SSDの普及によって様変わりしたパソコンや周辺機器、そして基板に実装され取り出すことすらできないメモリストレージと暗号環境からどのように保全し、解析していくのかを座学と
実演を交えて説明します。
【前提とする知識等】 フォレンジックに関わる法執行機関の方を優先します。

Qコース「Macフォレンジックツール『RECON ITR / Lab』の
ご紹介とMacフォレンジックの概要」
株式会社FRONTEO

【概要】 Macフォレンジックツール『RECON ITR / Lab』のデモ実演を交えながら、T2チップ
搭載Macへの対応等、Macフォレンジックの概要と調査に必要となる基礎的な項目について解説
します。
【前提とする知識等】 どなたでも受講可能です。フォレンジックの基礎的知識を有している方や
フォレンジック実務経験を有している方向けです。

 

簡易トレーニングコース内容

簡易トレーニングコース内容(PDF)

E1コース「Mac Forensics 保全編」
EY新日本有限責任監査法人

【実施日時】 9月1日(火) 10:00~17:30
【受講費】 ¥90,000-
【定員】 12名
【会場】 東京ミッドタウン 日比谷三井タワー15階セミナールーム
(東京都千代田区有楽町1-1-2)
【概要】 Mac OS Catalinaを対象としたデータ保全に係るMac特有のフォレンジックについて、Mac固有の機能とあわせて実演・演習を交えて解説します。何らかのフォレンジック調査の経験を
お持ちの方を対象とした中級者向けコースとなります。
【前提とする知識等】
1 サイバー犯罪対策や不正調査でフォレンジック技術を実施するご担当者様
2 Macの基本的な操作を理解している方
注:同業他社の方は受講をお断りしております。

E2コース「Mac Forensics 解析編」
EY新日本有限責任監査法人

【実施日時】 9月2日(水) 10:00~17:30
【受講費】 ¥90,000-
【定員】 12名
【会場】 東京ミッドタウン 日比谷三井タワー15階セミナールーム
(東京都千代田区有楽町1-1-2)
【概要】 Mac OS Catalinaを対象としたデータ保全に係るMac特有のフォレンジックについて、Mac固有のアーティファクトおよび解析プロセス実演・演習を交えて解説します。何らかの
フォレンジック調査の経験をお持ちの方を対象とした中級者向けコースとなります。
【前提とする知識等】
1 サイバー犯罪対策や不正調査でフォレンジック技術を実施するご担当者様
2 Macの基本的な操作を理解している方
注:同業他社の方は受講をお断りしております。

E3コース「Windows10 Forensics 初動対応編」
EY新日本有限責任監査法人

【実施日時】 9月14日(月) 10:00~17:30
【受講費】 ¥90,000-
【定員】 12名
【会場】 東京ミッドタウン 日比谷三井タワー15階セミナールーム
(東京都千代田区有楽町1-1-2)
【概要】 Windows10を対象とした初動対応として、Windows10の機能や特徴とあわせて
データ保全からFast Forensics(一般的なアーティファクトの解析等)について実演・演習を
交えて解説します。何らかのフォレンジック調査の経験をお持ちの方を対象とした中級者向け
コースとなります。
【前提とする知識等】
1 サイバー犯罪対策や不正調査でフォレンジック技術を実施するご担当者様
2 Windowsのフォレンジック調査の経験を有する方
注:同業他社の方は受講をお断りしております。

E4コース「Windows 10 Forensics 解析編」
EY新日本有限責任監査法人

【実施日時】 9月15日(火) 10:00~17:30
【受講費】 ¥90,000-
【定員】 12名
【会場】 東京ミッドタウン 日比谷三井タワー15階セミナールーム
(東京都千代田区有楽町1-1-2)
【概要】 Windows 10の解析手法について、各種アーティファクトの解析プロセスを中心にWindows10で実装されたフォレンジックに係る機能・特徴等を実演・演習を交えて解説します。なお、本編で扱うアーティファクトは、初動対応編よりも広範になります。何らかのフォレンジック調査の経験をお持ちの方を対象とした中級者向けコースとなります。
【前提とする知識等】
1 サイバー犯罪対策や不正調査でフォレンジック技術を実施するご担当者様
2 Windowsのフォレンジック調査の経験を有する方
注:同業他社の方は受講をお断りしております。

E5コース「マルウェア解析基礎」
EY新日本有限責任監査法人

【実施日時】 9月17日(金) 10:00~17:30
【受講費】 ¥90,000-
【定員】 12名
【会場】 東京ミッドタウン 日比谷三井タワー15階セミナールーム
(東京都千代田区有楽町1-1-2)
【概要】 Windowsで動作するマルウェアを主体とした表層解析、動的解析の手法について、
実演・演習を交えて解説します。これからマルウェア解析を実施される方を対象とした初級者
向けコースとなります。
【前提とする知識等】
1 サイバー犯罪対策やインシデントレスポンスにおいてマルウェア解析を実施するご担当者様
2 仮想マシンの基本的な操作を理解している方
注:同業他社の方は受講をお断りしております。

E6コース「ファイルシステム解析 NTFS編」
EY新日本有限責任監査法人

【実施日時】 9月17日(金) 10:00~17:30
【受講費】 ¥90,000-
【定員】 12名
【会場】 東京ミッドタウン 日比谷三井タワー15階セミナールーム
(東京都千代田区有楽町1-1-2)
【概要】 Windowsで利用されるNTFSファイルシステムについて、ファイルシステムの機能・
特徴からフォレンジック調査における重要性と解析に有用な知識を実演・演習を交えて解説します。
何らかのフォレンジック調査の経験をお持ちで、2進数、16進数について理解されている方を対象とした中級者向けコースとなります。
【前提とする知識等】
1 サイバー犯罪対策や不正調査でフォレンジック技術を利用するご担当者
2 Windowsのフォレンジック調査の経験を有する方
注:同業他社の方は受講をお断りしております。

C1コース「サイバー犯罪事件が引き起こすリスクに備える
サイバーセキュリティ・リスクマネジメントを学ぶ」
一般社団法人サイバー犯罪捜査・調査ナレッジフォーラム(CIKF)

【実施日時】 9月1日(火) 10:00~17:30
【受講費】 ¥15,000-
【定員】 20名
【会場】 新宿マインズタワー トレンドマイクロ セミナールーム
(東京都渋谷区代々木2-1-1)
【概要】 サイバー犯罪事件被害による企業のリスクに対して適切に備え、経営層に正しい
セキュリティ投資を促していくためのリスクマネジメント手法を学ぶ。
【前提とする知識等】 CISO、企業の戦略マネジメント層(セキュリティ人材を含む)、リスク
マネジメント責任者、セキュリティ部門責任者、インシデント対応責任者、リーダーなど

C2コース「サイバー犯罪事件の解決力を鍛える事件対応フレームワークと
ケーススタディ」
一般社団法人サイバー犯罪捜査・調査ナレッジフォーラム(CIKF)

【実施日時】 9月2日(水) 10:00~17:30
【受講費】 ¥15,000-
【定員】 20名
【会場】 新宿マインズタワー トレンドマイクロ セミナールーム
(東京都渋谷区代々木2-1-1)
【概要】 単なる「インシデント」ではなく企業の存続や戦略にも影響を及ぼす可能性のある
サイバー犯罪リスクに対して、適切に対応し正しく事件を解決していくために必要なフレームワーク
を理解しワークショップ形式で実践的知識を身に付けるための講座です。
【前提とする知識等】CISO、企業の戦略マネジメント層(セキュリティ人材を含む)、リスク
マネジメント責任者、セキュリティ部門責任者、インシデント対応責任者、リーダーなど

K1コース「『これから始める証拠保全とフォレンジック』
~ スキルが無くても1日で学べるハンズオントレーニング ~」
株式会社くまなんピーシーネット

【実施日時】 9月3日(木) 10:00~17:30
【受講費】 ¥40,000-
【定員】 10名
【会場】 加賀ソルネット株式会社 1階 会議室
(東京都中央区八丁堀3-27-10 )
【概要】 これからフォレンジックを始める方で実際に証拠保全とフォレンジックを体験したい方。または既に証拠保全やフォレンジックの職場で人材育成面で効率的に結果を出せるツール導入を
検討中の方向け。
1 Simple SEIZURE TOOLを使ったパソコン、スマートフォンの証拠保全
2 VFC5を使った証拠イメージからの仮想起動による環境再現
3 Belkasoftを使った証拠保全とフォレンジック

N1コース「Nuix Workstation フォレンジック実務者(基礎)」
Nuix Japan

【実施日時】 9月4日(金) 10:00~17:30
【受講費】 ¥95,000-
【定員】 12名
【会場】 アークヒルズ サウスタワー16階 Nuix Japan 会議室
(東京都港区六本木1-4-5)
【概要】 Nuix Workstationを活用しデータ処理、検索し、分析、検証することを実践・説明する
トレーニングとなります。電子証拠に対してのデータ処理、識別、重複排除、検索、分析方法などの
一連の操作実践や詳細な説明が含まれます。
【前提とする知識等】 Windowsの基本操作及びフォレンジックの基礎知識をお持ちの方。
PCをご持参下さい。Nuixをインストールして実習致します。

S1コース「Kali Linuxではじめるペンテスター養成講座
【1日ダイジェスト版、オンライン研修】」
ストーンビートセキュリティ株式会社

【実施日時】 9月10日(木) 10:00~18:00
【受講費】 ¥35,000-
【定員】 8名
【会場】 受講者PC(Zoomを使用したオンライン研修)
【概要】 ペネトレーションテストとは、ネットワークやデバイスに実際のサイバー攻撃を行い、
弱点を洗い出して根本原因を特定し改善を促す手法です。本コースでは、Kali Linuxを使用して、
ペンテスターの基礎を学ぶことができます。
【前提とする知識等】1 ネットワークに関する基本的な知識
2 OS(Windows/Linux)に関する基本的な知識
3 パソコンとインターネットの環境をご用意いただける方

S2コース「メモリフォレンジック【1日ダイジェスト版、オンライン研修】」
ストーンビートセキュリティ株式会社

【実施日時】 9月11日(金) 10:00~18:00
【受講費】 ¥35,000-
【定員】 8名
【会場】 受講者PC(Zoomを使用したオンライン研修)
【概要】 HDDに痕跡を残さないファイルレスマルウェアなどの増加やファストフォレンジックの必要性から、メモリフォレンジックの技術が注目されています。本コースではメモリ情報の保全から解析まで、実践的な演習を通して、メモリフォレンジックについて学習します。
【前提とする知識等】1 OS(Windows/Linux)に関する基本的な知識
2 パソコンとインターネットの環境をご用意いただける方

L1コース「ファイナルフォレンジック 基礎研修 1日コース」
リーガルテック株式会社

【実施日時】 9月14日(月) 10:00~17:30
【受講費】 ¥50,000-
【定員】 10名
【会場】 虎ノ門菅井ビル 7階
(東京都港区虎ノ門3-18-16)
【概要】 ファイナルフォレンジックを使用する際の基礎的知識の説明から使用方法(データ復元・分類、データの検索、メールデータの復元、システムレジストリの解析等)についてPCを使用した実習を行います。
【前提とする知識等】 Windows PCを操作できること。フォレンジック業務に関わる方。

ホーム

午前9:00~午後5:00(土・日・祝日を除く) TEL 03-5420-1805 Email:info@digitalforensic.jp

PAGETOP
Copyright © NPO Institute of Digital Forensics. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。