「デジタル・フォレンジック」の普及・促進を図り健全なIT社会の実現に貢献する

第13回IDF講習会(終了しました)

開催概要お申込みの流れコース編成通常コース内容簡易トレーニングコース概要

講習会は終了致しました。
本年も多くの皆様にお申込み頂き、誠にありがとうございました。

 通常コース内容(PDF)簡易トレーニングコース内容(PDF)

最新情報

<お知らせ>
 第13回IDF講習会の受講受付を開始いたしました。

開催概要

IDF講習会は、IDF団体会員の持つ製品・技術やサービス、トレーニング概要等をご紹介する場として、2011年(IDF第8期)に第1回を開催して以来、毎回多数の方々に受講を賜り、好評を頂いてきております。
今期の第13回IDF講習会は、通常コース計11コースを9/7(木)と9/8(金)に、簡易トレーニングコース計14コースを9/4(月)~9/15(金)及び9/19(火)と9/20(水)に実施致します。
【通常】、【簡易】共に<参会方式>及び<オンライン開催>があります。
本年も多くの方々に第13回IDF講習会のコースをご受講頂きデジタル・フォレンジック等に関する知識や製品、技術等に関する最新情報に触れると共に、技能習得等にもお役立て頂きたく存じます。
皆様の受講お申込みをお待ち申し上げております。

【通常コース】
2023年9月7日(木)、8日(金)

午前1枠(3時間)、午後1枠(3時間)のレクチャー主体のコースです。
コース詳細にて、実施方法<参会方式またはオンライン方式>、前提知識、コース概要等をご確認のうえ、お申し込みください。

午前の部 09:30~12:30 ※受付開始 09:15
午後の部 13:30~16:30 ※受付開始 13:15

【簡易トレーニングコース】
2023年9月4日(月)~7日(木)、12日(火)~15日(金)、19日(火)、20日(水)

実施各社指定会場(オンライン含む)にて実機・実ソフト等によるハンズオン形式での実習、またはレクチャー形式の講義を受講できます。主に1日で実施します。
各コースとも受講定員がございます。(申込先着順)
コース詳細にて、実施方法<参会方式またはオンライン方式>、前提知識、コース概要等をご確認のうえ、お申し込みください。

受講費

受講費は全て会場費・会場機材借用費等に充当いたします。
(※当イベントは非営利活動のため、非課税となっております。)

(1)通常コース

各コースの受講費は共通で、お申込み区分により異なります。
また、受講するコースの合計分の受講費が必要となります。

IDF会員・オブザーバー省庁の方 ・・ ¥3,000-/コース
一般 の方(提携団体会員含む)・・・・¥6,000-/コース
「通常コース詳細はこちら」

(2)簡易トレーニングコース

コース毎に受講定員や受講費等が異なります。受講するコースの詳細情報をご確認下さい。
「簡易トレーニングコース詳細はこちら」

(3)受講費のお支払

お申込後に、メールにて受講費の「振込先」と「振込期限」をお知らせしますので8月31日(木)までにお振込お願いいたします。
※1 申込時に「請求書」をご選択された場合は「請求書」を発行いたします。
※2 官公庁の方で《後払い》の場合は「振込期限」の対象外です。

お申込み

お申込締切:2023年8月18日(金)

以下のページにて、お申込み用フォーム及およびお申込みの流れをご案内しております。

お申込みはこちら

コース編成

 通常コース内容(PDF)簡易トレーニングコース内容(PDF)

コース名をクリックすると、ページ下部のコース内容へジャンプします。

【通常コース】
「通常コース詳細はこちら」

9月7日(木) 午前の部(09:30~12:30)

Kコース「すぐに使える3時間フォレンジック」
 実施社:ネットワンシステムズ株式会社

9月7日(木) 午後の部(13:30~16:30)

Aコース「犯罪やテロに悪用される生成AI(ChatGPT等)の理解と疑似体験」
 IDF主催(講師 名和 利男 理事)

Dコース「Autopsy を用いたデジタル・フォレンジックの実務」
 実施社:ベイシステック株式会社 
※終了時間は16:00

Fコース「人工知能(KIBIT)を活用した大量データレビュー手法」
 実施社:株式会社FRONTEO

Gコース「画像解析フォレンジックの動画復元の解説」
 実施社:AOSデータ株式会社

Jコース「デジタル・フォレンジックの事前調査と事後調査」
 実施社:アイフォレンセ日本データ復旧研究所株式会社
     株式会社神戸デジタルラボ

9月8日(金) 午前の部(09:30~12:30)

Eコース「Autopsy を用いたデジタル・フォレンジックの実務」
 実施社:ベイシステック株式会社

9月8日(金) 午後の部(12:30~16:30)

Bコース「犯罪やテロに悪用される生成AI(ChatGPT等)の理解と疑似体験」
 実施社:ベイシステック株式会社 ※終了時間は、12:00

Cコース「X-Way Forensics」
 実施社:株式会社ディアィティ

Hコース「モバイルフォレンジックの基礎習得」
 実施社:AOSデータ株式会社

Iコース「VeraKey+AXIOMを使ったスマートフォン解析」
 実施社:クオリティネット株式会社

【簡易トレーニングコース】
簡易トレーニングコース詳細はこちら

9月4日(月)

E1コース「Windows Forensics 初動対応編」
 実施社:EY新日本有限責任監査法人

NJコース「Nuix WorkStation フォレンジック実務者(基礎)」
 実施社:Nuix Japan

9月5日(火)

E2コース「Windows Forensics 解析編」
 実施社:EY新日本有限責任監査法人

9月6日(水)

ADコース「ファイナルフォレンジク基礎 1日コース」
 実施社:AOSデータ株式会社

K1コース「簡単にできる証拠保全とフォレンジック」
~ スキルが無くても1日で学べるハンズオントレーニング ~
 実施社:株式会社くまなんピーシーネット

9月7日(木)

IFコース「ネットワークフォレンジック・ログ解析」
 実施社:NECセキュリティ株式会社

【満員御礼】定員に達しました: K2コース「Intellaを使った証拠データの可視化と分析」
~ スキルが無くても1日で学べるハンズオントレーニング ~
 実施社:株式会社くまなんピーシーネット

9月12日(水)

E3コース「マルウェア解析基礎」
 実施社:EY新日本有限責任監査法人

9月13日(水)

S1コース「攻撃者視点で学ぶ情報セキュリティ入門」
~ペネトレーションテストの始め方 ~
 実施社:ストーンビートセキュリティ株式会社

9月14日(木)

E4コース「ファイルシステム解析NTFS編」
 実施社:EY新日本有限責任監査法人

9月15日(金)

LAコース「情報セキュリティ事故対応1日コース 机上演習編」
 実施社:株式会社ラック

S2コース「はじめてのメモリフォレンジック入門 ~ダイジェスト版 ~」
 実施社:ストーンビートセキュリティ株式会社

9月19日(火)

E5コース「Mac Forensics 保全編」
実施社:EY新日本有限責任監査法人

9月20日(水)

E6コース「Mac Forensics 解析編」
 実施社:EY新日本有限責任監査法人

通常コース内容

通常コース内容(PDF)

Aコース「犯罪やテロに悪用される生成AI(ChatGPT等)の理解と疑似体験」
IDF主催 名和 利男 理事
(株式会社サイバーディフェンス研究所 専務理事/上級分析官)


【実施日時】9月7日(木) 13:30~16:30
【実施方法】参会 貸会議室内海(東京学院) ※最寄り駅JR「水道橋」
(住所:東京都千代田区神田三崎町3-6-15 東京学院ビル 3階教室 地図はこちら
【概要】生成AIがもたらす革新的な可能性は、多くの産業や社会生活に及んでいるが、犯罪やテロの領域も例外ではない。それらの領域における生成AI(ChatGPT等)が悪用されている現状について体験的理解を深める。
【前提とする知識等】官公庁の方限定(サイバー犯罪やテロ対策の基礎的知識、ChatGPTやBingAI等生成AIの利用経験)※本コースは、Bコースと同内容です。

Bコース「犯罪やテロに悪用される生成AI(ChatGPT等)の理解と疑似体験」
IDF主催 名和 利男 理事

(株式会社サイバーディフェンス研究所 専務理事/上級分析官)


【実施日時】9月8日(金) 13:30~16:30
【実施方法】参会 貸会議室内海(東京学院) ※最寄り駅JR「水道橋」
(住所:東京都千代田区神田三崎町3-6-15 東京学院ビル 3階教室 地図はこちら
【概要】 政府機関が、サイバー空間において発生する事象について検知、理解、評価、対処を実施するにあたり、OSINT-V(Validated Open Source Intelligence)と言われる「非常に高い確実性を持つことができる情報」の能力獲得が必要です。この概説とワークフローを紹介します。
【前提とする知識等】官公庁の方限定(サイバー犯罪やテロ対策の基礎的知識、ChatGPTやBingAI等生成AIの利用経験)※本コースは、Aコースと同内容です。

Cコース「X-Ways Forensics」
株式会社ディアイティ


【実施日時】9月8日(金) 13:30~16:30【定員】40名
【実施方法】オンライン方式(Teams)
【概要】X-Ways Forensicsの紹介と本製品を使用したWindowsマシンのフォレンジック調査要領を説明いたします。
【前提とする知識等】どなたでも受講可能です。

Dコース「Autopsy を用いたデジタル・フォレンジックの実務」
ベイシステック合同会社


【実施日時】9月7日(木) 13:30~16:00【定員】40名
【実施方法】オンライン方式(ZOOM Webinar)
【概要】無償でダウンロードできるオープンソースのAutopsyによるデータの収集・復元・分析、報告書の作成について、デジタル・フォレンジックの実務に沿って説明していきます。
【前提とする知識等】どなたでも受講可能です。※本コースは、E コースと同内容です。

Eコース「Autopsy を用いたデジタル・フォレンジックの実務」
ベイシステック合同会社


【実施日時】9月8日(金) 09:30~12:00【定員】40名
【実施方法】オンライン方式(ZOOM Webinar)
【概要】無償でダウンロードできるオープンソースのAutopsyによるデータの収集・復元・分析、報告書の作成について、デジタル・フォレンジックの実務に沿って説明していきます。
【前提とする知識等】どなたでも受講可能です。※本コースは、Dコースと同内容です。

Fコース「人工知能(KIBIT)を活用した大量データレビュー手法」
株式会社
FRONTEO


【実施日時】9月7日(木) 13:30~16:30【定員】60名
【実施方法】参会方式 貸会議室内海(東京学院) ※最寄り駅JR「水道橋」
(住所:東京都千代田区神田三崎町3-6-15 東京学院ビル 4階教室 地図はこちら
【概要】 メールやドキュメント等の大量データのレビュー作業において、人工知能を搭載したデータ解析ツール「KIBIT Automator」を用い、従来のキーワード検索とは異なる観点でのデータレビュー手法を紹介します。
【前提とする知識等】 どなたでも受講可能です。

Gコース「画像解析フォレンジックの動画復元の解説」
AOSデータ株式会社


【実施日時】9月7日(金) 13:30~16:30【定員】40名
【実施方法】オンライン形式(Teams)
【概要】画像解析フォレンジックツールを用いて防犯カメラ、ドライブレコーダーで撮られた動画データのフレーム復元技術について、これまでのファイル復元との違いを含め説明致します。
【前提とする知識等】 フォレンジックの基礎知識。官公庁の方限定となります。

Hコース「モバイルフォレンジックの基礎習得」
AOSデータ株式会社


実施日時】9月8日(金) 13:30~16:30【定員】40名
【実施方法】オンライン方式
【概要】iPhone、Androidのスマートフォンのデータ構造の基本からデータ抽出およびデータ解析手法について、UFED,AndrEx3等のツールを使用し、解説・実演します。
【前提とする知識等】 フォレンジックの基礎知識。官公庁の方限定となります。

Iコース「VeraKey・AXIOMを使ったスマートフォン解析
クオリティネット株式会社


実施日時】9月8日(金) 13:30~16:30【定員】60名
【実施方法】参会 貸会議室内海(東京学院) ※最寄り駅JR「水道橋」
(住所:東京都千代田区神田三崎町3-6-15 東京学院ビル 4階教室 地図はこちら
【概要】iOS及びAndroid端末からフルファイルシステム抽出することのできる民間企業様向けデータ抽出ツール「VeraKey」と解析ソフト「AXIOM」を使ったスマーフォンフォレンジックの手法を実機を用いてご紹介いたします。
【前提とする知識等】どなたでも受講可能です。

Jコース「デジタル・フォレンジックの事前調査と事後調査」
アイフォレンセ日本データ復旧研究所株式会社、株式会社神戸デジタルラボ


【実施日時】9月7日(木) 13:30~16:30【定員】40名
【実施方法】オンライン方式(ZOOM)
【概要】事前調査:インシデントやデジタル・フォレンジック調査に備えた平時のログ取得(講師:大西 翔太)
事後調査:「内部不正」や「情報持ち出し」のデジタル証拠の解析技術と事例紹介(講師:下垣内 太)
【前提とする知識等】どなたでも受講可能ですがデータ復旧会社の方はご遠慮下さい。
※但し、(一社)日本データ復旧協会加盟社は受講可。

Kコース「すぐに使える3時間フォレンジック」
ネットワンシステムズ株式会社


実施日時】9月7日(木) 09:30~12:30【定員】40名
【実施方法】オンライン方式(Cisco Webex)
【概要】受講後から即座に使用可能なWindowsとマルウェアに関するフォレンジック技術について、デモを交えながら説明します。また、稼働中のシステムから情報を収集し解析する手法であるライブフォレンジックについて、実際にEDR製品の画面をお見せしながら説明します。
【前提とする知識等】どなたでも受講可能です。OS、ネットワーク、セキュリティに関する基礎知識があると理解が深まります。

簡易トレーニングコース内容

簡易トレーニングコース内容(PDF)

E1コース「Windows Forensics 初動対応編」
EY新日本有限責任監査法人


実施日時】9月4日(月) 10:00~17:30
【受講費】 ¥95,000-
【定員】 12名(最少催行人数5名)
【会場】 東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン 日比谷三井タワー15階 EYセミナールーム
【概要】 
Windowsのフォレンジックにおける初動対応について、Windowsの機能や特徴とあわせてデータ保全からFast Forensics(一般的なアーティファクトの解析等)について実演・演習を交えて解説します。
何らかのフォレンジック調査の経験をお持ちの方を対象とした中級者向けコースとなります。
前提とする知識等】
1 サイバー犯罪対策や不正調査でフォレンジック技術を利用するご担当者様
2 Windowsのフォレンジック調査の経験を有する方
注:
本コースは、EY新日本有限責任監査法人が実施する3日間のトレーニングコース「Windows Forensics」から初動対応に係る内容を抜粋したコースとなり、講義時間の都合上、一部テキストの説明を割愛させていただく場合がございますことご承知おきください。
本コースで使用する端末等の機材は開催側にて用意いたします。なお、受講者にて端末等の機材を使用不能とした場合には、復旧に関わる費用のご請求をさせていただく可能性がございます。
同業他社およびその他関連会社等からの申し込みはお断りさせていただきます。

E2コース「Windows Forensics 解析編」
EY新日本有限責任監査法人


実施日時】 9月5日(火) 10:00~17:30
【受講費】 ¥95,000-
【定員】 12名(最少催行人数5名)
【会場】 東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン 日比谷三井タワー15階 EYセミナールーム
【概要】 
Windowsのフォレンジックにおける解析について、各種アーティファクトの構造や解析手法について実演・演習を含めて解説します。なお、本コースで扱うアーティファクトは初動対応編よりも広範となります。
何らかのフォレンジック調査の経験をお持ちの方を対象とした中級者向けコースとなります。
【前提とする知識等】
1 サイバー犯罪対策や不正調査でフォレンジック技術を利用するご担当者様
2 Windowsのフォレンジック調査の経験を有する方
注:本コースは、
本コースは、EY新日本有限責任監査法人が実施する3日間のトレーニングコース「Windows Forensics」から解析に係る内容を抜粋したコースとなり、講義時間の都合上、一部テキストの説明を割愛させていただく場合がございますことご承知おきください。
本コースで使用する端末等の機材は開催側にて用意いたします。なお、受講者にて端末等の機材を使用不能とした場合には、復旧に関わる費用のご請求をさせていただく可能性がございます。
同業他社およびその他関連会社等からの申し込みはお断りさせていただきます。

E3コース「マルウェア解析基礎」
EY新日本有限責任監査法人


【実施日時】 9月12日(木) 10:00~17:30
【受講費】 ¥95,000-
【定員】 12名(最少催行人数5名)
【会場】 東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン 日比谷三井タワー15階 EYセミナールーム
【概要】
Windowsで動作するマルウェアを主体とした表層解析、動的解析の手法について、実演・演習を交えて解説します。
これからマルウェア解析を実施される方を対象とした初級者向けコースとなります。
【前提とする知識等】
1 サイバー犯罪対策やインシデントレスポンスにおいてマルウェア解析を実施
  するご担当者様
2 仮想マシンの基本的な操作を理解している方
注:
本コースは、EY新日本有限責任監査法人が実施するトレーニングコース「マルウェア解析基礎」と同内容のコースとなります。
本コースで使用する端末等の機材は開催側にて用意いたします。なお、受講者にて端末等の機材を使用不能とした場合には、復旧に関わる費用のご請求をさせていただく可能性がございます。
同業他社およびその他関連会社等からの申し込みはお断りさせていただきます。

E4コース「ファイルシステム解析NTFS編」
EY新日本有限責任監査法人


実施日時】 9月14日(木) 10:00~17:30
【受講費】 ¥95,000-
【定員】 12名(最少催行人数5名)
【会場】 東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン 日比谷三井タワー15階 EYセミナールーム
【概要】 
Windowsで利用されるNTFSファイルシステムについて、ファイルシステムの機能・特徴からフォレンジック調査における重要性と解析に有用な知識を実演・演習を交えて解説します。
何らかのフォレンジック調査の経験をお持ちで、2進数、16進数について理解されている方を対象とした中級者向けコースとなります。
【前提とする知識等】
1 サイバー犯罪対策や不正調査でフォレンジック技術を利用するご担当者様
2 Windowsのフォレンジック調査の経験を有する方
注:
本コースは、EY新日本有限責任監査法人が実施する2日間のトレーニングコース「FileSystem Forensics」の内容からNTFSファイルシステムに係る内容を抜粋したコースとなり、講義時間の都合上、一部テキストの説明を割愛させていただく場合がございますことご承知おきください。
本コースで使用する端末等の機材は開催側にて用意いたします。なお、受講者にて端末等の機材を使用不能とした場合には、復旧に関わる費用のご請求をさせていただく可能性がございます。
同業他社およびその他関連会社等からの申し込みはお断りさせていただきます。

E5コース「Mac Forensics 保全編」
EY新日本有限責任監査法人


実施日時】 9月19日(火) 10:00~17:30
【受講費】 ¥95,000-
【定員】 12名(最少催行人数5名)
【会場】 東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン 日比谷三井タワー15階 EYセミナールーム
【概要】 
Macのフォレンジックにおける保全について、Mac固有の機能とあわせて実演・演習を交えて解説します。
何らかのフォレンジック調査の経験をお持ちの方を対象とした中級者向けコースとなります。
【前提とする知識等】
1 
サイバー犯罪対策や不正調査でフォレンジック技術を実施するご担当者様
2 Macの基本的な操作を理解している方
注:
本コースは、EY新日本有限責任監査法人が実施する3日間のトレーニングコース「Mac Forensics」から保全に係る内容を抜粋したコースとなり、講義時間の都合上、一部テキストの説明を割愛させていただく場合がございますことご承知おきください。
本コースで使用する端末等の機材は開催側にて用意いたします。なお、受講者にて端末等の機材を使用不能とした場合には、復旧に関わる費用のご請求をさせていただく可能性がございます。
同業他社およびその他関連会社等からの申し込みはお断りさせていただきます。

本コースは、本コースは、EY新日本有限責任監査法人が実施するトレーニングコース「Mac Forensics」の内容から保全に係る内容を抜粋したコースとなります。
同業他社およびその他関連会社等からの申し込みはお断りさせていただきます。

E6コース「Mac Forensics 解析編」
EY新日本有限責任監査法人


実施日時】 9月20日(水) 10:00~17:30
【受講費】 ¥95,000-
【定員】 12名(最少催行人数5名)
【会場】 東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン 日比谷三井タワー15階 EYセミナールーム
【概要】 Macのフォレンジックにおける解析について、Mac固有のアーティファクトおよび解析プロセス実演・演習を交えて解説します。何らかのフォレンジック調査の経験をお持ちの方を対象とした中級者向けコースとなります。
【前提とする知識等】
1 サイバー犯罪対策や不正調査でフォレンジック技術を実施するご担当者様
2 Macの基本的な操作を理解している方
注:
本コースは、EY新日本有限責任監査法人が実施する3日間のトレーニングコース「Mac Forensics」から解析に係る内容を抜粋したコースとなり、講義時間の都合上、一部テキストの説明を割愛させていただく場合がございますことご承知おきください。
本コースで使用する端末等の機材は開催側にて用意いたします。なお、受講者にて端末等の機材を使用不能とした場合には、復旧に関わる費用のご請求をさせていただく可能性がございます。
同業他社およびその他関連会社等からの申し込みはお断りさせていただきます。

LAコース「情報セキュリティ事故対応1日コース 机上演習編」
株式会社ラック


実施日時】 9月15日(金) 10:00~17:00

【受講費】 ¥100,000-
【定員】 24名
【会場】株式会社ラック セミナールーム 東京都千代田区平河町2-16-1 森タワー2F
【概要】 組織において情報セキュリティ事故が発生した際の対応方法、インシデントレスポンスを学ぶコースです。座学でインシデントレスポンスの一連の流れを学習した後、ストーリー仕立てのシナリオに沿って机上演習を行い、インシデントレスポンスを体験していただきます。お客様への謝罪のタイミング、サービスを止めるか否かなどのインシデントハンドリングを行う方にもおすすめです。
【前提とする知識等】
 CSIRT(管理系・技術系)として自組織のインシデント対応を行う方
2 自組織でインシデントが発生した際に、CSIRTと連携を取る必要がある情報システム・セキュリティ推進部門担当者
3 セキュリティ事故の防止を含めたリスクコントロールの方針を検討する方

IFコース「ネットワークフォレンジック」
NECセキュリティ株式会社


【実施日時】 9月7日(木) 10:00~18:00

受講費】 ¥85,000-
【定員】 10名
【会場】 東京都港区東新橋1-9-2 19F  
【概要】サイバー攻撃関連で発生する事象について、各種ログ(サーバーやネットワーク機器のログ・クラウド環境のログなど、様々なログを 取り上げる予定)を解析し、攻撃の痕跡(マルウェア・C2の通信・WebShellなど複数のテーマのもの)を把握するネットワークフォレンジックのログ解析手法を、演習を交えて解説致します。なお、基本的なネットワークの知識(TCP/IP、HTTP・HTTPSの仕組みなど)は、時間の都合上、本トレーニング内での解説は行わないため、事前のご理解をお願い致します。
【前提とする知識等】
民間会社等の所属に関わらず、どなたでも参加出来ます。
・ネットワークに関する基本的知識(TCP/IP、HTTP・HTTPSの仕組みなど)をお持ちの方、Linuxのコマンド操作の基本知識をお持ちの方
・演習等を行うことができるノートPC(有線LANポートがあるもの)をご持参いただける方

ADコース「ファイナルフォレンジク基礎 1日コース」
AOSデータ株式会社


【実施日時】 9月6日(水) 9:30~16:30
【受講費】 ¥55,000-
【定員】 10名
【会場】 ビジョンセンター東京駅前 住所:東京都中央区八重洲1-8-17 新槇町ビル7F 
【概要】 ファイナルフォレンジックを使用する際の基礎的知識の説明から使用方法(データ復元・分類、データの検索、メールデータの復元、システムレジストリの解析等)についてPCを使用した実習を行います。
【前提とする知識等】
どなたでも参加出来ます。Windows PCを操作できること。フォレンジック業務に関わる方。

S1コース「攻撃者視点で学ぶ情報セキュリティ入門
~ペネトレーションテストの始め方 ~」
ストーンビートセキュリティ株式会社


実施日時】 9月13日(水) 09:30~17:30

【受講費】 ¥50,000-
【定員】 20名
【会場】 オンライン
【概要】 ターゲットシステムの偵察行為からシステムの脆弱性探索、システムへの侵入、情報探索など、実際のハッキングの手口や技術を実践的な演習を通して学習し、ペネトレーションテストの実施に必要な基礎技術を習得し、対策に活用することができる。
【前提とする知識等】どなたでも参加出来ます。

S2コース「はじめてのメモリフォレンジック入門
~ダイジェスト版 ~」ストーンビートセキュリティ株式会社


実施日時】 9月15日(金) 09:30~17:30

【受講費】 ¥50,000-
【定員】 20名
【会場】 オンライン
【概要】 HDDに痕跡を残さないファイルレスマルウェアなどの増加やファストフォレンジックの必要性から、メモリフォレンジックの技術が注目されています。本コースでは、メモリ情報の保全から解析まで、実践的な演習を通して、メモリフォレンジックの基礎について学習します。
【前提とする知識等】どなたでも参加出来ます。

K1コース「簡単にできる証拠保全とフォレンジック」
~ スキルが無くても1日で学べるハンズオントレーニング ~」
(株)くまなんピーシーネット


実施日時】 9月6日(火) 09:30~16:30

【受講費】 ¥50,000-
【定員】 12名
【会場】 加賀ソルネット株式会社 東京都中央区八丁堀3-27-10 1階
【概要】・Simple SEIZURE TOOLシリーズを使ったパソコンやスマートフォンの体験型証拠保全トレーニング。
・VFC6を使ったE01/DDなどの証拠イメージから仮想起動による押収パソコン環境の再現型トレーニング。
・Belkasoftを使ったパソコン、スマートフォンの証拠保全からフォレンジックまでのトータルトレーニング。

【前提とする知識等】
フォレンジックに興味があり実際に証拠保全とフォレンジックを体験したい方や、企業や組織で証拠保全やフォレンジックにおける
人材育成中で、成果が大きいスキルアップやツールを検討しなければならない方向け。
・ ご自身のパソコンを利用される受講者には、デモ用ソフトウェア事前配布予定につき要連絡。
・ 会場でインストールをご希望の方は、当日は早めにお越しください。

【満員御礼】定員に達しました:K2コース「Intellaを使った証拠データの可視化と分析」
~ スキルが無くても1日で学べるハンズオントレーニング ~」
(株)くまなんピーシーネット


実施日時】 9月7日(水) 09:00~16:30

【受講費】 ¥50,000-
【定員】 12名
【会場】 加賀ソルネット株式会社 東京都中央区八丁堀3-27-10 1階
【概要】・ Intellaを使い効率的に証拠データを特定する基本操作解析トレーニング
・ 他のツール結果の取り込み、共同作業、DXへの応用説明など
【前提とする知識等】フォレンジックで取り扱うデータが年々増え続け効率よく解析するスキルを求めている方や、企業や組織のコンプライアンスでインシデント調査内製化、またはDX化でデータアナリティクスを検討している方向け。
・ ご自身のパソコンを利用される受講者には、デモ用ソフトウェア事前配布予定につき要連絡。
・ 会場でインストールをご希望の方は、当日は早めにお越しください。

NJコース「Nuix Workstation フォレンジック実務者(基礎)」
Nuix Japan


実施日時】 9月4日(月) 09:30~17:30

【受講費】 ¥95,000-
【定員】 12名
【会場】 Nuix Japan 会議室 東京都港区六本木1-4-5 アークズヒルズ サウスタワー16F
【概要】 Nuix Workstationを活用しデータ処理、検索し、分析、検証することを実践・説明するトレーニングとなります。
電子証拠に対してのデータ処理、識別、重複排除、検索、分析方法などの一連の操作実践や詳細な説明が含まれます。
【前提とする知識等】Windowsの基本操作及びフォレンジックの基礎知識をお持ちの方

ホーム

午前9:00~午後4:00(土・日・祝日を除く) TEL 03-6431-8200 Email:info@digitalforensic.jp

寄付者ご芳名
入会のご案内
ご登録情報の変更
  • facebook
  • twitter

サイト内検索

PAGETOP
Copyright © NPO Institute of Digital Forensics. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.