「デジタル・フォレンジック」の普及・促進を図り健全なIT社会の実現に貢献する
一覧
  • HOME »
  • 一覧 »
  • コラム

コラム

第492号コラム「民事司法のIT化(続き)」

町村 泰貴 理事(北海道大学大学院 法学研究科 教授)
今年の7月のコラムで、「未来投資戦略2017-Society 5.0の実現に向けた改革-」の中に記された「裁判に係る手続等のIT化を推進する方策」について、言及した。その後、内閣官房に検討会が設けられて、年度内に方向性を取りまとめる急ピッチな作業が進められている。 民事司法は、その全体を通じて当事者と裁判所との書面のやり取りと、裁判所の中での書面管理が重要な作業プロセスをなしているので、こうした書面のやり取りに情報ネットワーク技術を活用して、電子的な文書提出を可能とすれば、現在の訴訟手続が効率的になることはいうまでもない。

第491号コラム「日本語処理解析性能評価試験に寄せる期待」

守本 正宏 理事(株式会社FRONTEO 代表取締役社長)
さまざまな法的手続きにおいて、情報分析、証拠開示は非常に重要なプロセスです。特に米国における特許侵害訴訟やPL訴訟、あるいは、司法省が行うカルテル調査や企業統合におけるセカンドリクエスト、さらには企業不正発生時における司法省調査対応でも証拠開示作業は求められます。この証拠開示を適切に行うことはとても重要であり、もしそれが適切に行われない場合には、大きな瑕疵になる危険性があります。

第490号コラム「第5回慶應義塾大学サイバーセキュリティ研究センター行事『サイバーセキュリティ国際シンポジウム』について」

手塚 悟 理事(慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授)
2015年8月に、慶應義塾大学は全塾研究センターとして「サイバーセキュリティ研究センター」を設立しました。その記念行事として、昨年の2月に開催したサイバーセキュリティ国際シンポジウムを、第405回コラム「『サイバーセキュリティ国際シンポジウム-重要インフラ対策とTOKYO2020に向けた戦略-』に参加して」にて紹介しました。その後、第431回と第458回の本コラムで、第3回と第4回の「慶應義塾大学サイバーセキュリティ研究センター行事『サイバーセキュリティ国際シンポジウム』」について述べました。

第489号コラム「診療情報利用における患者同意管理のアーキテクチャ」

野津 勤 幹事(株式会社システム計画研究所 特別顧問)
医療分科会の今年度事業の一環で、「診療情報利用に当たっての“患者同意”管理」の在り方のスタディを行っている。まずは、現存する関連規約・文書の理解から開始しているので、本稿ではその一端の紹介を行う。主な内容は、患者同意の概念整理(ISO/TS17975:2015)と、実装上のテクニカルフレームワーク(IHE IT Infrastructureの BPPC(Basic Patient Privacy Consent)、APPC(Advanced PPC))の2種である。

第488号コラム「攻めのデジタル・フォレンジックと法」

石井 徹哉 理事(千葉大学 副学長 大学院専門法務研究科 教授)
サイバーセキュリティ戦略本部は、「2020年及びその後を見据えたサイバーセキュリティの在り方について」(2017年7月13日)において、IoTを主として念頭に置いているものの、ボット撲滅の推進を項目としてあげています。どのような技術的手法を用いるのかは、これから検討されるのでしょうが、ボットの解析については、すでに以前からハニーポッドの使用などによる解析が検討されてきました。しかし、パケット解析を行うことに関しては、すぐに通信の秘密の侵害との疑義が突きつけられ、電気通信事業法や有線電気通信法の通信の秘密侵害罪の成立可能性がいわれたりしました。

Page 1 / 9812»
PAGETOP
Copyright © NPO Institute of Digital Forensics. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.