NPOデジタル・フォレンジック研究会 第16期総会時講演会
-------------------------------------
本講演会は、IDF会員以外の方のご参加も受け付けております。
どうぞ皆様お誘い合わせの上、ご参加お申込下さいませ。
-------------------------------------

■開催日時: 平成31年5月10日(金)14:00~15:00
(総会13:00~13:50)
演題: 「ITセキュリティ法制とデジタル・フォレンジック」
講師: 湯淺 墾道 氏(情報セキュリティ大学院大学 学長補佐、情報セキュリティ研究科 教授、IDF理事)
開催場所: ホテル グランドヒル市ヶ谷3F「瑠璃西の間」

※参加費無料(要事前登録)

■講師  湯淺 墾道 氏(情報セキュリティ大学院大学 学長補佐、情報セキュリティ研究科 教授、IDF理事)

■講師紹介
1970年生。青山学院大学法学部卒業、慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程退学。九州国際大学法学部専任講師、助教授、教授をへて2008年九州国際大学副学長。2011年より情報セキュリティ大学院大学教授。デジタル・フォレンジック研究会理事。総務省情報通信政策研究所特別研究員、ベネッセホールディングス情報セキュリティ監視委員会委員長代理、神奈川県情報公開・個人情報保護審議会委員、埼玉県特定個人情報保護評価委員会委員長、日本データ通信協会電気通信個人情報保護センター諮問委員会委員長、日本サイバー犯罪対策センター(JC3)理事など。

■ご演題
「ITセキュリティ法制とデジタル・フォレンジック」

■ご講演内容
サイバーセキュリティに関連する法制度を取り巻く環境は、近年、国際・国内ともに大きく変容している。国際的には、サイバー空間において「主権」を主張する国が現れるだけではなく、データローカリゼーション要求やブロッキングも広がりつつあり、インターネットを利用した選挙干渉・世論操作が問題になるなど、インターネット自体が変容しつつある。国内では、本格的なIoTセキュリティ時代を目前として、自動運転の公道走行をはじめさまざまな領域でAIの実用利用が進められており、行政・司法についてもデジタル・ファーストや民事訴訟のIT化などの動きがある。
このような情勢の中で、デジタル・フォレンジックには何が期待されるのかについて考えることにしたい。

■開催場所  ホテル グランドヒル市ヶ谷3F「瑠璃西の間」
東京都新宿区市谷本村町4-1 TEL 03-3268-0111
http://www.ghi.gr.jp/access/index.html
最寄り駅:JR、東京メトロ、都営新宿線「市ヶ谷」駅より徒歩5分

■定員  100名

■参加条件
参加条件は設けておりません。
※但し定員をオーバーした場合は、会員を優先とさせて頂く場合がございます。あらかじめご了承下さいませ。

■参加費  無料(要事前登録)

■お申込み締め切り  4/19(金)
※但し、締切前でも定員に達した場合は、受付を終了させて頂きますので、お早めのお申し込み(先着順)をお願い致します。

■お申込み方法  メールにて下記迄お申込み下さい。
デジタル・フォレンジック研究会 事務局  押切、佐藤、鈴木 宛
E-mail: info@digitalforensic.jp TEL: 03-5420-1805

☆お申込の際には、下記のお申込必要情報をご明記下さい。
※IDF会員以外の方は、会員番号は不要です。

<お申込必要情報>-----------------------

■第16期総会時講演会(5/10)

「お名前(ふりがな)」:
「ご所属」       :
「メールアドレス」  :
「会員番号」     :

-------------------------------

■CFEポイント
本講演会でCFEポイント申請を希望される方は、参加申込時にその旨もIDF事務局迄お知らせ下さい。
当日、会場受付にて受講証明書をお渡し致します。
尚、事前にご連絡頂いていない場合は対応致しかねますので、ご了承下さいませ。