法務・監査 分科会
(各分科会の活動内容についてはこちらをご覧下さい)

-------------------------------------
IDF会員のみを対象と致します。
皆様の知己、同僚の方々にも是非、当研究会ご入会をご勧誘下さい。
-------------------------------------

開催日時:2020年2月26日(水) 19:00~21:00
題目:「GDPRと個人情報保護の動向」
講師:小向 太郎 氏(日本大学 危機管理学部 教授、IDF理事)
開催場所:東京都南部労政会館 第5会議室

※参加費無料(要事前登録)

■講師
小向 太郎 氏(日本大学 危機管理学部 教授、IDF理事)

■ご講演内容
GDPR(一般データ保護規則)は、EUのローカルな個人情報保護制度であるが、この分野のトップランナーであるEUの規制は世界的に大きな影響力を持っている。また、EU市民の情報を取扱う場合には、EU域外の国にもGDPRの遵守が求められることがある。しかし、日本の個人情報保護制度とGDPRには、制度の本質的な部分に大きな違いがある。本分科会では、GDPRの概要と日本への影響について解説・検討したい。

■講師紹介
日本大学危機管理学部教授。
早稲田大学政治経済学部卒、中央大学大学院法学研究科で博士(法学)取得。
情報通信総合研究所取締役・法制度研究部長、早稲田大学客員准教授等をへて現職。
専門は情報法。1990年代初めから、情報化の進展によってもたらされる法制度上の問題をテーマとして幅広く研究を行う。
主著として『概説GDPR-世界を揺るがす個人情報保護制度』(共著、NTT出版、2019年)、
『基礎から学ぶデジタル・フォレンジック』(共著、日科技連、2019年)、
『情報法入門(第4版)デジタル・ネットワークの法律』(NTT出版、2018年)など。

■開催場所
東京都南部労政会館 第5会議室 地図はこちら
※JR大崎駅南口左側「ゲートシティ大崎ウエストタワー」内2階

入館方法は、2ルートございます。
◆JR大崎駅南改札口から連絡橋(夢桟橋)を渡り、エレベータで地上に下り、
1階外側から「南部労政会館」へ入館。
◆JR大崎駅南改札口から連絡橋(夢桟橋)を渡り右折し、ゲートシティ大崎
ウエストタワーへ入館(3階からの入館となります)。エスカレーターで
2階へ下り、右に回り込む形で反対側へ進み、正面の「南部労政会館」の
連絡口(19:00以降閉鎖)から入館。

■定員 60名

■参加条件 IDF会員及び省庁オブザーバーの方
※皆様の同僚、知己の方に当研究会へのご入会をお勧め下さい。

■参加費 無料(要事前登録)

■お申込締め切り 2/18(火)
※但し、締切前でも定員に達した場合は、受付を終了させて頂きますので、
お早めのお申込(先着順)をお願い致します。

■お申込方法 メールにて下記迄お申込み下さい。
デジタル・フォレンジック研究会 事務局  佐藤、小林、中移 宛
E-mail: info@digitalforensic.jp TEL: 03-5420-1805

☆お申込の際には、下記のお申込必要情報をご明記下さい。

<お申込必要情報>-----------------------

■第16期第4回「法務・監査」分科会(2/26)
「お名前(ふりがな)」 :
「ご所属」 :
「メールアドレス」 :
「会員番号」 :

-------------------------------

■CFEポイント
本「法務・監査」分科会でCFEポイント申請を希望される方は、
参加申込時にその旨もIDF事務局迄お知らせ下さい。
当日、会場受付にて受講証明書をお渡し致します。
尚、事前にご連絡頂いていない場合は対応致しかねますので、ご了承下さいませ。