「法曹実務者」分科会
(各分科会の活動内容についてはこちらをご覧下さい)

--------------------------------------------

★今回の「法曹実務者」分科会は通常と異なる会場で開催致しますのでご注意下さい。
本分科会は【会場参加】または【Web視聴】のどちらかをお選び頂けます。
尚、会場は15名定員となりますので、お早めにお申し込み下さい。

--------------------------------------------

開催日時:2020年7月16日(木) 19:00~21:00
題目:「サイバー攻撃発生後の対応とサイバー犯罪に関する近時の裁判例解説」
講師:北條 孝佳 氏(西村あさひ法律事務所 カウンセル弁護士)

開催場所:シティユーワ法律事務所 9階ホール

※参加費無料(要事前登録)

■講師
北條 孝佳 氏(西村あさひ法律事務所 カウンセル弁護士)

■ご講演内容
全てがつながる社会の到来、司法のIT・デジタル化が間近に迫った現在において、誰もがサイバー攻撃の被害に遭い得るためセキュリティ対策の重要性を認識しています。しかし、サイバー攻撃の被害に何度も遭ったことのある企業や法曹の方々は少ないのではないでしょうか。そこで、今回は、法曹の方々及び企業のご担当者に対してサイバー攻撃が発生した場合の実務対応についてお話しするとともに、サイバー犯罪に関する近時の裁判例についても解説いたします。

■講師紹介
弁護士(東京弁護士会)。西村あさひ法律事務所所属。
2000年-2014年 元警察庁技官。
国家公務員(電気・電子・情報)試験 元専門委員。
東京大学生産技術研究所 元協力研究員。
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC) SWGタスクフォース 元構成員。
一般社団法人情報処理学会 CSS2019研究倫理委員会 元アドバイザー。
大阪府大阪市 CISO補佐業務事業者選定委員会 元委員。
2017年、2018年、2019年 Microsoft MVP
(Cloud and Datacenter Management)受賞
NPOデジタル・フォレンジック研究会 法曹実務者分科会 幹事。
東京弁護士会弁護士業務妨害対策特別委員会 委員。
日本シーサート協議会 専門委員。
NPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA) コンプライアンス部会 有識者。
国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT) 招へい専門員。
国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT) SecHack365実行委員会 実行委員。
総務省 発信者情報開示の在り方に関する研究会 構成員。
第1級陸上無線技術士。
専門は、危機管理・企業不祥事対応とサイバーセキュリティ全般。数多くのサイバー攻撃事案に対応した経験を有し、技術と法律の両面からアドバイスを行う。

■開催場所
 シティユーワ法律事務所 9階ホール 地図はこちら
 ※会場は、これまで恒例会場としてきております「東京都南部労政会館」では
  ありませんのでご注意下さい。
 住所: 東京都千代田区丸の内2-2-2 丸の内三井ビル9階ホール
 【ビル北側玄関から入って正面のエレベーターでそのまま9階まで上がって下さい。】
  千代田線「二重橋前」4番出口徒歩0分、JR線「東京」丸の内南口徒歩4分

■定員
(1)会場参加: 15名迄
※シティユーワ法律事務所の会場スペースからの制限です。
(2)Web視聴参加: 100名迄

■参加条件
 ☆今回は、講師要望にて、【IDF会員】及び【IDF会員から紹介を受けた
  非会員の法曹実務者】に限ります。
 ※参加を希望される非会員の方には、是非、IDFご入会をお勧め下さい。

■参加費 無料(要事前登録)

■お申し込み締め切り 7/10(金)
但し、■定員(1)(2)の定員に達し次第、受付を締切ます。

■お申込み方法

<お申込必要情報>-----------------------
■第17期第2回「法曹実務者」分科会(7/16)
・「お名前(ふりがな)」:
・「ご所属・役職」   :
・「メールアドレス」  :
・「電話番号」     :
・「会員番号」     :
※非会員の法曹実務者の方は、職種を記載し、紹介者名も記載して下さい。
・「参加形態」:下記のどちらかを選択して不要な方を消去して下さい。
【会場参加】 または 【Web視聴】
---------------------------------