技術 分科会
(各分科会の活動内容についてはこちらをご覧下さい)

-------------------------------------
当日配布致しました資料を公開しております。
※本ホームページに記載している資料の無断転載および複製を禁止致します。
-------------------------------------

開催日時:平成27年3月20日(金) 19:00~21:00
題目:「証拠保全ガイドライン第4版の説明」
講師: 名和 利男 氏
(株式会社サイバーディフェンス研究所 理事 上級分析官、
兼 ファイア・アイ株式会社 最高技術責任者、
IDF理事、「技術」分科会主査、「証拠保全ガイドライン改訂」ワーキンググループ座長)

開催場所:ミーティングスペース「バルブ(BULB)」
※参加費無料(要事前登録)

■講師 名和 利男 氏
(株式会社サイバーディフェンス研究所 理事 上級分析官、
兼 ファイア・アイ株式会社 最高技術責任者、IDF理事、「技術」分科会主査、「証拠保全ガイドライン改訂」ワーキンググループ座長)

■ご講演内容
3/6(金)に公開致しました「証拠保全ガイドライン第4版」の公開に至るまでに考慮及び難航した事項についてご説明し、注目すべきポイントについて、名和座長から解説して頂き、ご理解を深めて頂きました。
また、今後公開を予定しております第5版の改訂方針等も併せて提示すると共に、ご参加の皆様のご意見等もお聞きしました。

■講師紹介
サイバーディフェンス研究所 理事・上級分析官。航空自衛隊において、信務暗号・通信業務/在日米空軍との連絡調整業務/防空指揮システム等のセキュリティ担当(プログラム幹部)業務に従事。その後、国内ベンチャー企業のセキュリティ担当兼教育本部マネージャー、JPCERT/CC早期警戒グループのリーダを経て、現職。
専門分野であるインシデントハンドリングの経験と実績を活かして、CSIRT(Computer Security Incident Response Team) 構築及び、サイバー演習(机上演習、機能演習等)の国内第一人者として、支援サービスを提供している。2011年度より、サイバー脅威インテリジェンス関連情報の提供に力を入れている。

特定非営利活動法人デジタル・フォレンジック研究会  理事
一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター 専門委員

■ご講演風景

tec_11_4_pic
第4版の改訂の背景や最新の動向について大変興味深いご講演を頂き、本ガイドラインへの参加者の皆様からの関心がより高まりました。

■配布資料 可 file_pdf-s

■開催場所 ミーティングスペース「バルブ(BULB)」 地図は【こちら

■参加者数 49名

■参加条件 IDF会員及びIDF会員の同伴者または紹介者限定

■参加費   無料