法務・監査 分科会
(各分科会の活動内容についてはこちらをご覧下さい)

-------------------------------------
IDF会員のみを対象と致します。
皆様の知己、同僚の方々にも是非、当研究会ご入会をご勧誘下さい。
-------------------------------------

開催日時:平成29年6月8日(木) 19:00~21:00
題目:「GPS設置捜査判決から考える今後の制度のあり方」
講師: 須川 賢洋 氏
(新潟大学大学院 現代社会文化研究科・法学部 助教、IDF理事)

開催場所:東京都南部労政会館 第6会議室

※参加費無料(要事前登録)

■講師
須川 賢洋 氏
(新潟大学大学院 現代社会文化研究科・法学部 助教、IDF理事)

ご講演内容
2017年3月15日に出されたGPS発信器設置捜査に関する最高裁判所の判決では、その判例文中に、立法の必要性を明言しています。第14期1回目の「法務・監査」分科会では、まずこの事件と判決を振り返り、今後はこのような事例においてどのような捜査・証拠収集手法や法制度が相応しいのかを検討し、新しい法制に際してIDFとしてどのようなことが提言できるか検討してみたいと思います。

前半にて須川幹事よりこの事件と判例を改めて振り返り、後半にて湯淺主査進行の下、「法務・監査」分科会の幹事を中心にミニ・パネルディスカッションを行います。
パネラー予定者:須川 賢洋 氏(新潟大学)
          :尾崎 愛美 氏(株式会社KDDI総合研究所)
          :舟橋 信 氏(株式会社FRONTEO)

■講師紹介
新潟大学大学院法学研究科修士課程修了。同 自然科学研究科博士課程満期退学。修士(法学)。専門はサイバー法で、コンピュータ犯罪、デジタル知的財産、情報セキュリティ制度、営業秘密保護など、先端技術と法律の関係を中心に研究。共著に「ITセキュリティカフェ―見習いコンサルの事件簿」(丸善)、「実践的eディスカバリ―米国民事訴訟に備える」(NTT出版)、「デジタル・フォレンジック事典」(日科技連)など。情報処理学会・電子化知的財産と社会基盤(EIP)研究会運営委員(前 幹事)。

■開催場所  東京都南部労政会館 第6会議室
※JR大崎駅南口左側「ゲートシティ大崎ウエストタワー」内2階
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/soudan-c/center/access/office02.html

入館方法は、2ルートございます。
■JR大崎駅南改札口から連絡橋(夢桟橋)を渡り、エレベータで地上に下り、1F外側から「南部労政会館」へ入館。

■JR大崎駅南改札口から連絡橋(夢桟橋)を渡り右折し、ゲートシティ大崎ウエストタワーへ入館(3Fからの入館となります)。エスカレーターで2Fへ下り、右に回り込む形で反対側へ進み、正面の「南部労政会館」の連絡口(19:00以降閉鎖)から入館。

■定員  60名

■参加条件  IDF会員及び省庁オブザーバーの方
※皆様の同僚、知己の方に当研究会へのご入会をお勧め下さい。

■参加費  無料(要事前登録)

■お申込み締め切り 6/1(木)
※但し、締切前でも定員に達した場合は、受付を終了させて頂きますので、お早めのお申し込み(先着順)をお願い致します。

■お申込み方法  メールにて下記迄お申込み下さい。
デジタル・フォレンジック研究会 事務局  山田、角 宛
E-mail: info@digitalforensic.jp TEL: 03-5420-1805

☆お申込の際には、下記のお申込必要情報をご明記下さい。

<お申込必要情報>-----------------------

■第14期第1回「法務・監査」分科会(6/8)
「お名前(ふりがな)」 :
「ご所属」 :
「メールアドレス」 :
「会員番号」 :

-------------------------------

■CFEポイント
本「法務・監査」分科会でCFEポイント申請を希望される方は、
参加申込時にその旨もIDF事務局迄お知らせ下さい。
当日、会場受付にて受講証明書をお渡し致します。
尚、事前にご連絡頂いていない場合は対応致しかねますので、ご了承下さいませ。