法務・監査 分科会
(各分科会の活動内容についてはこちらをご覧下さい)

-------------------------------------
今回の分科会はIDF会員・オブザーバー及び同伴者の方々を対象と致します。
IDF会員、オブザーバー及び同伴者と致します。
皆様の知己、同僚の方々をお誘い頂き、この機会に併せて、当研究会ご入会をご勧誘下さいませ。
-------------------------------------

開催日時:2019年10月28日(月) 19:00~21:00
題目:「フェイクニュースとメディア・フォレンジック」
講師:湯淺 墾道 氏(情報セキュリティ大学院大学 学長補佐、情報セキュリティ研究科 教授、IDF理事)

開催場所:東京都南部労政会館 第6会議室

※参加費無料(要事前登録)

■講師
湯淺 墾道 氏(情報セキュリティ大学院大学 学長補佐、情報セキュリティ研究科 教授、IDF理事)

■ご講演内容
近年、フェイクニュースがサイバーセキュリティの大きな問題になっており、各国でフェイクニュースの法的規制の動きもある。またフェイクニュースの手法も進化しており、AI技術を利用したディープ・フェイクが注目を浴びている。
これに対して、フェイクを見破る技術の重要性も指摘されており、アメリカでは近年、メディア上にあふれるさまざまな情報の真偽について、デジタル・フォレンジック技術を利用して検証することを「メディア・フォレンジックス(MediaForensics = MediFor)」と呼ぶようになってきた。
本分科会では、各国のフェイクニュース規制立法の動きと、メディア・フォレンジックについて紹介する。

■講師紹介
1970年生。青山学院大学法学部卒業、慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程退学。
九州国際大学法学部専任講師、助教授、教授をへて2008年九州国際大学副学長。
2011年より情報セキュリティ大学院大学教授。デジタル・フォレンジック研究会理事。
総務省情報通信政策研究所特別研究員、ベネッセホールディングス情報セキュリティ監視委員会委員長代理、神奈川県情報公開・個人情報保護審議会委員、埼玉県特定個人情報保護評価委員会委員長、日本データ通信協会電気通信個人情報保護センター諮問委員会委員長、日本サイバー犯罪対策センター(JC3)理事など。

■開催場所
東京都南部労政会館 第6会議室 地図はこちら
※JR大崎駅南口左側「ゲートシティ大崎ウエストタワー」内2階

入館方法は、2ルートございます。
◆JR大崎駅南改札口から連絡橋(夢桟橋)を渡り、エレベータで地上に下り、
1階外側から「南部労政会館」へ入館。
◆JR大崎駅南改札口から連絡橋(夢桟橋)を渡り右折し、ゲートシティ大崎ウエストタワーへ
入館(3Fからの入館となります)。エスカレーターで2階へ下り、右に回り込む形で反対側へ
進み、正面の「南部労政会館」の連絡口(19:00以降閉鎖)から入館。

■定員 60名

■参加条件 IDF会員及び省庁オブザーバーの方
※皆様の同僚、知己の方に当研究会へのご入会をお勧め下さい。

■参加費 無料(要事前登録)

■お申込み締め切り 10/24(木)
※但し、締切前でも定員に達した場合は、受付を終了させて頂きますので、
お早めのお申し込み(先着順)をお願い致します。

■お申込み方法 メールにて下記迄お申込み下さい。
デジタル・フォレンジック研究会 事務局  小林、中移 宛
E-mail: info@digitalforensic.jp TEL: 03-5420-1805

☆お申込の際には、下記のお申込必要情報をご明記下さい。

<お申込必要情報>-----------------------

■第16期第2回「法務・監査」分科会(10/28)
「お名前(ふりがな)」 :
「ご所属」 :
「メールアドレス」 :
「会員番号」 :

-------------------------------

■CFEポイント
本「法務・監査」分科会でCFEポイント申請を希望される方は、参加申込時に
その旨もIDF事務局迄お知らせ下さい。
当日、会場受付にて受講証明書をお渡し致します。
尚、事前にご連絡頂いていない場合は対応致しかねますので、ご了承下さいませ。