「法曹実務者」分科会
(各分科会の活動内容についてはこちらをご覧下さい)

--------------------------------------------

当日投影致しました資料とは別に、公開用資料を下部 ■講演資料 にて公開しております。

尚、当日ご参加された方につきまして、投影資料の配布をご希望の方におかれましては、事務局までご連絡下さいませ。

--------------------------------------------

★今回の「法曹実務者」分科会は通常と異なる会場で開催致しますのでご注意下さい。
本分科会は【会場参加】または【Web視聴】のどちらかをお選び頂けます。
尚、会場は15名定員となりますので、お申し込み下さい。

開催日時:2020年6月18日(木) 19:00~21:00
題目:「世界のサイバーセキュリティ法規制と実務対応」
講師:寺門 峻佑 氏(TMI総合法律事務所 弁護士)

開催場所:シティユーワ法律事務所9階ホール/Web視聴

※参加費無料(要事前登録)

■講師
寺門 峻佑 氏(TMI総合法律事務所 弁護士)

■ご講演内容
近年、GDPRやCCPAといった各国データ保護新法の制定が記憶に新しいですが、並行して、サイバーセキュリティ法規制の制定・改正も各国で進んでおり、海外事業を展開する企業においては同様にフォローアップの必要があります。例えば、中国サイバーセキュリティ法やベトナムサイバーセキュリティ法は、重要データや個人データ等を国内保管することを義務付けるデータローカライゼーション規制を有し、また、カリフォルニア州IoTセキュリティ法は、コネクテッドデバイスのセキュリティ規制を内容とするものであり、各国法令により内容は多様です。本会では、具体的な実務上の事例も紹介しながら世界のサイバーセキュリティ法規制を概観します。また、講師が経験したエストニアのIT事情についてもご紹介します。

■講師紹介
弁護士(日本・ニューヨーク州)。TMI総合法律事務所。
TMIプライバシー&セキュリティコンサルティング株式会社取締役。
情報処理安全確保支援士・同会理事、情報セキュリティ監査人補。
一橋大学法学部法律学科・一橋大学法科大学院・カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)ロースクール(LL.M., Specialization in Media, Entertainment and Technology Law and Policy)・タリン工科大学(TTÜ)Secure e-Governanceコース各卒業。
クイン・エマニュエル・アークハート・サリバン法律事務所(ロサンゼルス)・Wikimedia Foundation, Inc.(Wikipediaの制作会社・サンフランシスコ)・SORAINEN法律事務所(エストニア)各勤務。
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC )SWGタスクフォース・メンバー。経済産業省大臣官房臨時専門アドバイザー。防衛省陸上自衛隊通信学校非常勤講師。
専門は、アドテクノロジー・データ利活用・サイバーセキュリティの法務・コンサルティング。

■ご講演風景

 

講義内では、各国のサイバーセキュリティ法等について大変わかりやすくご説明頂きました。質疑応答ではWeb参加の方からも多くのご質問を頂き、有意義な時間となりました。

■ご講演資料

■開催場所
シティユーワ法律事務所9階ホール(9階までエレベーターで直接お上がりください)地図はこちら
※千代田線「二重橋前」4番出口徒歩0分、JR線「東京」丸の内南口徒歩4分

住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-2-2丸の内三井ビル シティユーワ法律事務所 9階ホール

■参加者人数 101名

■参加費 無料(要事前登録)