「証拠保全ガイドライン第6版」京都説明講演会
(各分科会の活動内容についてはこちらをご覧下さい)

-------------------------------------
「証拠保全ガイドライン第6版」の公開に伴いまして、この度、京都での
「証拠保全ガイドライン第6版」の説明講演会の開催が決定致しました。
また、東京での説明会は5/22(月)に開催致します。
【第14期第1回「技術」分科会】
https://digitalforensic.jp/2017/05/09/tech-14-1/

尚、本説明講演会の参加は、IDF会員及び関係者に限定せず、
一般の方々や企業様もご参加頂くことができます。
皆様、ぜひ奮ってご参加下さいませ。
ご参加の際には下記URLにて「証拠保全ガイドライン第6版」を
ダウンロード及び印刷の上、ご持参下さいますようお願い致します。
https://digitalforensic.jp/home/act/products/df-guideline-6th/
-------------------------------------

開催日時:平成29年6月15日(木) 13:30~16:30
題目:「デジタル・フォレンジックにおける『証拠保全ガイドライン』について」
開催場所:京都産業大学「むすびわざ館」 3階 3A教室
※参加費無料(要事前登録)

■構成
「証拠保全ガイドライン第6版」の説明及びシンポジウム
(1)「証拠保全ガイドライン第6版」の説明
講師:
名和 利男 氏
(「証拠保全ガイドライン」改訂ワーキンググループ座長)
株式会社サイバーディフェンス研究所 専務理事/上級分析官、
兼 PwCサイバーサービス合同会社 最高技術顧問、IDF理事

(2)シンポジウム:テーマ「最近のサイバー社会における諸課題」
コーディネーター:
安冨 潔 氏
京都産業大学 法務研究科 客員教授・法教育総合センター長
弁護士、IDF会長

パネリスト:
上原 哲太郎 氏
立命館大学 情報理工学部 セキュリティ・ネットワークコース 教授
IDF副会長

名和 利男 氏
(1)に同じ

■ご講演内容
説明講演においては、第13期(2016年度)の「証拠保全ガイドライン」改訂作業において、最近のサイバー攻撃や内部犯行(内部関係者による脅威)の状況等を考慮して第6版を作成したポイント等を名和座長より解説して頂きます。また、参加者の皆様のご質問にお答えすると共に、ご意見をお聞きし、第7版改訂作業に反映をさせます。

シンポジウムにおいては、パネリストから最近のサイバー社会における諸課題等の問題提起や最新情報をお話し頂き、来場者からのご意見も求めながらこれらの課題への対応と「証拠保全ガイドライン」活用等についての議論を深めます。

■講師紹介
(1)名和 利男 氏
航空自衛隊において、信務暗号・通信業務/在日米空軍との連絡調整業務/防空指揮システム等のセキュリティ担当(プログラム幹部)業務に従事。その後、国内ベンチャー企業のセキュリティ担当兼教育本部マネージャー、JPCERT/CC 早期警戒グループのリーダを経て、現職。専門分野であるインシデントハンドリングの経験と実績を活かして、CSIRT(ComputerSecurity Incident Response Team) 構築及び、サイバー演習(机上演習、機能演習等)の国内第一人者として、支援サービスを提供している。2011年度よりサイバー脅威インテリジェンス関連情報の提供に力を入れている。

特定非営利活動法人デジタル・フォレンジック研究会 理事
一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター 専門委員

(2)上原 哲太郎 氏
1992年 京都大学大学院工学研究科情報工学専攻修士課程修了
1995年 同博士課程研究指導認定退学、1996年京都大学博士(工学)
京都大学大学院工学研究科助手、和歌山大学システム工学部講師
京都大学大学院工学研究科助教授、同学術情報メディアセンター准教授を経て2011年10月より総務省情報通信国際戦略局通信規格課標準化推進官。
2012年7月より情報流通行政局情報流通振興課情報セキュリティ対策室併任。
2013年4月より立命館大学 情報理工学部 工学部 セキュリティ・ネットワークコース 教授
NPO情報セキュリティ研究所理事、和歌山県警察本部サイバー犯罪対策アドバイザー、芦屋市CIO補佐官

(3)安冨 潔 氏
企業の不正調査やインシデント・リスク対応をはじめ、サイバー攻撃、デジタルフォレンジックや情報セキュリティに関連する分野や刑事弁護を担当している。その他、マネー・ロンダリングや情報公開・個人情報保護等に関する自治体の各種委員会や研究会の委員等を多数務めている。

■開催場所 京都産業大学「むすびわざ館」 3階 3A教室
京都市下京区中堂寺命婦町1-10 TEL:075-277-1600

アクセス:下記をご参照下さい。
https://www.kyoto-su.ac.jp/facilities/musubiwaza/access.html
※6/15(木)当日、京都産業大学「むすびわざ館」 3階 3A教室
IDF事務局員が13:00から受付を開設致します。

■定員  100名

■参加条件 なし
IDF会員及び同僚、知己の方以外に一般の非会員の方々も参加できます。

■参加費  無料(要事前登録)

■お申込み締め切り 6/8(木)
※但し、締切前でも定員に達した場合は、受付を終了させて頂きますので、お早めのお申し込み(先着順)をお願い致します。

■お申込み方法  メールにて下記迄お申込み下さい。
デジタル・フォレンジック研究会 事務局  黒木、山田 宛
E-mail: info@digitalforensic.jp TEL: 03-5420-1805

☆お申込の際には、下記のお申込必要情報をご明記下さい。

<お申込必要情報>-----------------------

■「証拠保全ガイドライン第6版」京都説明講演会(6/15)
「お名前(ふりがな)」 :
「ご所属」 :
「メールアドレス」 :
「会員番号」 :

-------------------------------

■CFEポイント
本京都「証拠保全ガイドライン説明講演会」でCFEポイント申請を希望される方は、参加申込時にその旨もIDF事務局迄お知らせ下さい。当日、会場受付にて受講証明書をお渡し致します。
尚、事前にご連絡頂いていない場合は対応致しかねますので、ご了承下さいませ。