法曹実務者 分科会
(各分科会の活動内容についてはこちらをご覧下さい)

-------------------------------------
IDF会員・オブザーバーの方々を対象と致します。
皆様の知己、同僚の方々にも是非、当研究会ご入会をご勧誘下さい。
-------------------------------------

開催日時:平成30年9月14日(金) 19:00~21:00
題目:「民事訴訟における法的思考の構造とデジタル・フォレンジックが果たす役割について」
講師:永島 賢也 氏(日本弁護士連合会 民事裁判手続運営委員会 副委員長、筑波アカデミア法律事務所 弁護士)
開催場所:東京都南部労政会館 第6会議室

※参加費無料(要事前登録)

■講師
永島 賢也 氏(日本弁護士連合会 民事裁判手続運営委員会 副委員長、筑波アカデミア法律事務所 弁護士)

■ご講演内容
通常の民事訴訟においては、いわゆる弁論主義の適用があり、かつ、証拠方法に制限はなく(たとえば伝聞証拠も証拠能力が否定されるものではない)、証拠評価も裁判官の自由心証に委ねられている。かような審理手続においてなされる裁判官や原被告の訴訟代理人弁護士の法的思考の構造を分析し、そのどの部分にデジタル・フォレンジックの活躍の場があるかを明らかにしたうえ、今後の展望について述べる。

■講師紹介
早稲田大学法学部卒業
早稲田大学大学院修士課程修了(民事訴訟法専攻)
日本弁護士連合会民事裁判手続運営委員会(現副委員長)
東京弁護士会民事訴訟法特別問題等検討委員会(平成22年委員長)
同医療過誤法部会(現部長)
東京大学大学院法学政治学研究科専任講師(平成18年まで)
筑波大学法科大学院非常勤講師
日本臨床薬理学会利益相反委員会委員
北里大学治験審査委員会(平成23年まで)

■開催場所
東京都南部労政会館 第6会議室
※JR大崎駅南口左側「ゲートシティ大崎ウエストタワー」内2階
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/soudan-c/center/access/office02.html

入館方法は、2ルートございます。
◆JR大崎駅南改札口から連絡橋(夢桟橋)を渡り、エレベータで地上に下り、1階外側から「南部労政会館」へ入館。
◆JR大崎駅南改札口から連絡橋(夢桟橋)を渡り右折し、ゲートシティ大崎ウエストタワーへ入館(3Fからの入館となります)。エスカレーターで2階へ下り、右に回り込む形で反対側へ進み、正面の「南部労政会館」の連絡口(19:00以降閉鎖)から入館。

■定員 60名

■参加条件 IDF会員及び省庁オブザーバーの方
※皆様の同僚、知己の方に当研究会へのご入会をお勧め下さい。

■参加費 無料(要事前登録)

■お申込み締め切り 9/7(金)
※但し、締切前でも定員に達した場合は、受付を終了させて頂きますので、お早めのお申し込み(先着順)をお願い致します。

■お申込み方法 メールにて下記迄お申込み下さい。
デジタル・フォレンジック研究会 事務局  押切、佐藤、鈴木 宛
E-mail: info@digitalforensic.jp TEL: 03-5420-1805

☆お申込の際には、下記のお申込必要情報をご明記下さい。

<お申込必要情報>-----------------------

■第15期第1回「法曹実務者」分科会(9/14)
「お名前(ふりがな)」 :
「ご所属」 :
「メールアドレス」 :
「会員番号」 :

-------------------------------

■CFEポイント
本「法曹実務者」分科会でCFEポイント申請を希望される方は、参加申込時にその旨もIDF事務局迄お知らせ下さい。
当日、会場受付にて受講証明書をお渡し致します。
尚、事前にご連絡頂いていない場合は対応致しかねますので、ご了承下さいませ。